◆小豆島_Shodoshima 三都半島エリア_Mitohanto

境界線の庭(sd10)-土井満治

投稿日:

三都半島谷尻地区の海沿いに突如現れる、妙に広く、人工的なこの空き地は、地面と海が構造物に隔たれることなく連続的に繋がれ、眺望に優れた場所になっている。また、立地的にもその成り立ちからも、海と山との間に設けられた「あいだの土地」と言えるだろう。
2016年に、「鳥居」に見立てた石彫作品を設置、また、土砂の移動と人の移動の隠喩としての通路を掘削した。
8mの緩やかな弧を描く石彫上面には、縮小され見立てられた風景を造形することで境界線と移動軸の俯瞰的な視点による可視化を狙った。また石彫の下を通過するかたちで縦軸線を60㎝程度掘削し、人が通れる通路を確保することで、山→人の生活圏→海という、移動軸を体験可能なかたちで構成した。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190509192705f7814d7ea1f034f44643e3e6fd077f21&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
境界線の庭
アーティスト:土井満治
作品No.:sd10
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 三都半島エリア_Mitohanto
-

執筆者:

関連記事

アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社(sd31)-ビートたけし×ヤノベケンジ

高さ約8メートルもの巨大な彫刻が、井戸から姿を現す。島にある古井戸の底に潜む巨大な地霊的化け物が出現し、人々を脅かすという寓話的な設定だ。ビートたけしが構想したプランをもとに、ヤノベケンジが実現。実際 …

海辺のクォーツ(sd13)-平野薫

人が住んでいない空き家に足を踏み入れる時、人が住んでいる家とは違う何か異色な気配を感じる。それは、古着に残る着用者の気配と似ている。これまで作家は “古着を糸になるまで分解する、そしてその糸を結び直す …

つぎつぎきんつぎ(sd22)-岸本真之

不要になった陶磁器を集め、「金つぎ」という修復技法を参照した手法でつなぎ合わせた立体作品。島の人たちの思い出の品を作品としてよみがえらせる試みだ。 ※この作品は「迷路のまちエリア」と「草壁港エリア」の …

アートノショーターミナル(sd02)-コシノジュンコ

既存の土庄港フェリーターミナルを改装し、作品展示やイベントなどの開催を通じて交流の場を目指す。1階には新たにコシノジュンコの世界観「天衣無縫の美しさと神秘」を見るだけでなく体験できる作品”SPIKE …

Utopia dungeon(sd12)- 田中圭介

自然を加工すること、あるいは自然を再現することを通して、人間と自然の関係について考察する。今回、小豆島という海に囲まれた小さな陸地で、そこに生息する樹木やその集合体としての森、地形としての山をモチーフ …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »