◆小豆島_Shodoshima 三都半島エリア_Mitohanto

境界線の庭(sd10)-土井満治

投稿日:

三都半島谷尻地区の海沿いに突如現れる、妙に広く、人工的なこの空き地は、地面と海が構造物に隔たれることなく連続的に繋がれ、眺望に優れた場所になっている。また、立地的にもその成り立ちからも、海と山との間に設けられた「あいだの土地」と言えるだろう。
2016年に、「鳥居」に見立てた石彫作品を設置、また、土砂の移動と人の移動の隠喩としての通路を掘削した。
8mの緩やかな弧を描く石彫上面には、縮小され見立てられた風景を造形することで境界線と移動軸の俯瞰的な視点による可視化を狙った。また石彫の下を通過するかたちで縦軸線を60㎝程度掘削し、人が通れる通路を確保することで、山→人の生活圏→海という、移動軸を体験可能なかたちで構成した。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190509192705f7814d7ea1f034f44643e3e6fd077f21&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
境界線の庭
アーティスト:土井満治
作品No.:sd10
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 三都半島エリア_Mitohanto
-

執筆者:

関連記事

福武ハウス─「アジア・アート・プラットフォーム」「アジアギャラリー」(sd34-B)福田アジア食堂

小豆島の福田という一つの集落を通してアジア諸地域がつながるプロジェクトとして2013年に始動した福武ハウスは、旧小豆島町福田小学校を再生した「福武ハウス」の他、アジア各地域の料理を福田の地域住民がふる …

海辺のクォーツ(sd13)-平野薫

人が住んでいない空き家に足を踏み入れる時、人が住んでいる家とは違う何か異色な気配を感じる。それは、古着に残る着用者の気配と似ている。これまで作家は “古着を糸になるまで分解する、そしてその糸を結び直す …

葺田パヴィリオン(sd35)-西沢立衛

福田体育館と隣接する葺田八幡神社境内にあるパヴィリオン。カーブした二枚の鋼板が重なり合って、端部が互いに溶接されることで、お互いにお互いを拘束し合って形が成り立っている。二枚の鋼板の間に生まれた空間が …

国境を越えて・波(sd36)-リン・シュンロン(林舜龍)

2016年秋、冷たい風の中に、196体の世界の子供は、瀬戸内海小豆島北部の大部港の砂浜で溶けてなくなり、海潮と共に世界へ流されていって、自分の故郷に帰っていった。2019年春、爽やかな風の中に、1体の …

愛のボラード(sd33)-清水久和

駐車場の一角に、巨大なボラード(船を繋留するために岸壁にある柱)を設置。海からやってくるはずの「何か」に対して、見る者の想像力をかき立てる。どんな大きなものでもつなぎとめられそうで、力強くて無表情でナ …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »