◆直島_Naoshima アート作品・美術館(art-museum) 宮ノ浦エリア(Miyanoura)

BUNRAKU PUPPET(na03)

投稿日:

この島で継承されている直島女文楽の人形の動きや着物の裾さばきに着想を得た立体作品。緑の芝生の上に、青い作品が鮮やかに映える。夜になるとカラフルな光を放ち、昼とはまったく異なる表情を見せる。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190403145311d2973c61d174d1fa7c720cf41593dba0&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
BUNRAKU PUPPET
アーティスト:ジョゼ・デ・ギマランイス
作品No.:na03
料金:無料
休業日:なし
開館時間:屋外作品







-◆直島_Naoshima, アート作品・美術館(art-museum), 宮ノ浦エリア(Miyanoura)
-

執筆者:

関連記事

家プロジェクト 南寺(na13-B)

直島の歴史と文化の中心地であり、南寺と呼ばれるお寺があった場所に建てられた安藤忠雄による木造建築、「南寺」。内部にはジェームズ・タレルの作品「バックサイド・オブ・ザ・ムーン」が設置されている。 ※入場 …

ベネッセハウス パーク(na18-B)

安藤建築には珍しい木造建築のホテル。フロント、回廊、中庭などの各所に設けられたアートスペースがある。通常はベネッセハウス宿泊者のみ鑑賞できる杉本博司の作品やアートスペースを芸術祭開催中に限りツアー形式 …

The Naoshima Plan 2019「水」(na07-B)

2011年から取り組んでいる「The Naoshima Plan」は、直島にて、個々の建築や街区、水路などを通して島全体の風・水・太陽などの「動く素材」を浮き上がらせ、その美しさや大切さ、新たな価値を …

家プロジェクト 護王神社(na12-B)

本村で江戸時代から祀られてきた神社を改築にあわせ、現代美術家の杉本博司が、自身の歴史観や美意識に基づいて設計したもの。作品のタイトル「Appropriate Proportion」には、神が宿るにふさ …

直島パヴィリオン(na04)

《海の駅「なおしま」》や《赤かぼちゃ》に続き、直島の海の玄関口である宮浦港周辺の新たなランドマークとして設置。27の島々で構成される直島の「28番目の島」というコンセプトで、蜃気楼で海面に浮かぶように …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »