◆大島_Oshima

C邸/未定(in04-B)-半田真規

投稿日:

小路とゆるい坂道で構成され、人々の暮らしが感じられる集落内に位置するC邸。古い部材を活かした広く開かれた空間を持つギャラリーに、島の歴史やそこに生活する人々の印象から、犬島を「生きられた島」として捉えた作品を制作予定。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190409150357238875e9df5e967783a196f559120287&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1

犬島「家プロジェクト」
犬島の集落に「日常の中の美しい風景や作品の向こうに広がる身近な自然を感じられるように」との願いを込め、2010年、企画展示を目的としたギャラリーを開館しました。
アーティスティックディレクターに長谷川祐子、建築家に妹島和世を迎え、現在、「F邸」「S邸」「I邸」「A邸」「C邸」の5つのギャラリーと「石職人の家跡」に、さまざまなアーティストの作品を公開しています。
集落に点在するギャラリーは、かつて建っていた民家の瓦屋根や古材、透明なアクリル、周囲の風景を映し出すアルミなど多様な素材でつくられています。
長谷川は、島の風景を見ながら点在する作品を巡る体験を「桃源郷」をテーマにした一連の物語になぞらえています。

【作品データ】
C邸/未定
アーティスト:半田真規
作品No.:in04-B
料金:2,060円 | ※犬島精錬所美術館、犬島 くらしの植物園と共通 | ※15歳以下無料
休業日:火曜日(3/1~11/30) | 火・水・木曜日(12/1~2/28) | ※祝日の場合は開館、翌日休館 | ※月曜日が祝日の場合は、火曜日開館、翌水曜日休館
開館時間:10:00-16:30 (最終入館16:00)







-◆大島_Oshima
-,

執筆者:

関連記事

物語るテーブルランナー in 大島青松園(os08)-鴻池朋子

入所者、看護師、職員が語る話は全部違う。その豊かな「語り」をランチョンマット大の絵に描き、それを型紙として、手芸に親しむ方々が各々独自の材料や手法で制作をする。様々な物語は、様々な手と素材を媒介として …

稀有の触手-放たれた体温-(os04)-やさしい美術プロジェクト

「唇や舌は麻痺なく目に代る稀有の触手ぞ探りつつ食う」大島の歌人斎木創の歌である。自らの命を絶やさず燃やし続ける生々しい人の姿がそこにある。大島でカメラを構え続けた鳥栖喬は自身の眼を遠くへと射出すために …

海峡の歌(os07)-山川冬樹

大島で生きてきた人たちにとって島を囲む海は隔離の壁だった。瀬戸内国際芸術祭をきっかけに多くの人が大島へ訪れるようになった一方で、大島から最も近い四国本土の町、庵治は未だに近くて遠い場所のままである。「 …

大切な貨物(os10)-クリスティアン・バスティアンス

様々なメディアによって「人間の条件」を問い続けてきたオランダ人アーティスト、クリスチャン・バスティアンスが、ヨーロッパ・日本のキャスト・スタッフによって、映像インスタレーションとライブ・パフォーマンス …

{つながりの家}GALLERY15「海のこだま」(os05)-やさしい美術プロジェクト

かつて、入所者が暮らしていた15寮に、唯一残っていた木造船を展示。大島の記録と入所者の生きた証に触れられる。 Photo by Miyuki 2016 Photo by Miyuki 2016 Pho …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »