◆大島_Oshima

{つながりの家}カフェ・シヨル(os09)-やさしい美術プロジェクト

投稿日:

大島産の果物をふんだんに使ったドリンクやスイーツが、大島の土で焼いた器で味わえる。入所者の方も訪れるカフェで、やさしい時間が流れている。

Photo by Miyuki 2018
Photo by Miyuki 2018
Photo by Miyuki 2018
Photo by Miyuki 2018
Photo by Miyuki 2018
Photo by Miyuki 2018
Photo by Miyuki 2018
【作品データ】
{つながりの家}カフェ・シヨル
アーティスト:やさしい美術プロジェクト
作品No.:os09
料金:無料 ※飲食代金別途
休業日:月曜日-金曜日
開館時間:10:15-16:00 | カフェ営業時間=10:30-15:00(ラストオーダー14:30)







-◆大島_Oshima
-

執筆者:

関連記事

「Nさんの人生・大島七十年」-木製便器の部屋-(os03)-田島征三

2012年の秋、大島あおぞら市(実行委員会主催)のイベントで、田島征三氏は、大島に入所したときのことから国の政策によって隔離が行われていた時代の大島での生活の様子を、大島会館の舞台においてライブで、同 …

物語るテーブルランナー in 大島青松園(os08)-鴻池朋子

入所者、看護師、職員が語る話は全部違う。その豊かな「語り」をランチョンマット大の絵に描き、それを型紙として、手芸に親しむ方々が各々独自の材料や手法で制作をする。様々な物語は、様々な手と素材を媒介として …

稀有の触手-放たれた体温-(os04)-やさしい美術プロジェクト

「唇や舌は麻痺なく目に代る稀有の触手ぞ探りつつ食う」大島の歌人斎木創の歌である。自らの命を絶やさず燃やし続ける生々しい人の姿がそこにある。大島でカメラを構え続けた鳥栖喬は自身の眼を遠くへと射出すために …

C邸/未定(in04-B)-半田真規

小路とゆるい坂道で構成され、人々の暮らしが感じられる集落内に位置するC邸。古い部材を活かした広く開かれた空間を持つギャラリーに、島の歴史やそこに生活する人々の印象から、犬島を「生きられた島」として捉え …

大切な貨物(os10)-クリスティアン・バスティアンス

様々なメディアによって「人間の条件」を問い続けてきたオランダ人アーティスト、クリスチャン・バスティアンスが、ヨーロッパ・日本のキャスト・スタッフによって、映像インスタレーションとライブ・パフォーマンス …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »