「 ◆直島_Naoshima 」 一覧

宮浦港(直島)→フェリー時刻表

宮浦港から行ける港 宮浦港(直島)からは、高松港、宇野港、家浦港(豊島)、犬島港へ行くことができます。 ①宮浦港→高松港 時刻表 フェリー時刻表 撮影は高松港 Photo by Miyuki &nbs …

南瓜(黄かぼちゃ)

 草間彌生『南瓜』 直島のアートといえば真っ先に浮かぶのが「赤かぼちゃ」「黄かぼちゃ」という方が多いと思います。 「赤かぼちゃ」は宮浦港、この「黄かぼちゃ」はベネッセハウス近くのビーチにあります。 引 …

赤かぼちゃ(na01)

フェリーが宮浦港に近づくと、真っ先に目に入るアート作品。作家自身はこの作品について「太陽の『赤い光』を宇宙の果てまで探してきて、それは直島の海の中で赤カボチャに変身してしまった」と語る。 引用:htt …

海の駅「なおしま」(na02)

直島の海の玄関である宮浦港のフェリーターミナルは、妹島和世+西沢立衛/SANAAによる設計。透明感のある軽やかな平屋建ては、開放感のあるデザインが特徴的だ。観光案内所やカフェなどがある。 引用:htt …

BUNRAKU PUPPET(na03)

この島で継承されている直島女文楽の人形の動きや着物の裾さばきに着想を得た立体作品。緑の芝生の上に、青い作品が鮮やかに映える。夜になるとカラフルな光を放ち、昼とはまったく異なる表情を見せる。 引用:ht …

直島パヴィリオン(na04)

《海の駅「なおしま」》や《赤かぼちゃ》に続き、直島の海の玄関口である宮浦港周辺の新たなランドマークとして設置。27の島々で構成される直島の「28番目の島」というコンセプトで、蜃気楼で海面に浮かぶように …

直島銭湯「I♥湯」(na05-B)

アーティスト・大竹伸朗が手がける実際に入浴できる美術施設。直島島民の活力源として、また国内外から訪れるお客様と直島島民との交流の場としてつくられたこの銭湯は、外観・内装はもちろん、浴槽、風呂絵、モザイ …

緑川洋一展(na06-B)秋会期のみ

「宮浦ギャラリー六区」にて秋会期に展示予定。 瀬戸内国際芸術祭2013の夏・秋会期の際にも 「宮浦ギャラリー六区」で行われています。 引用:http://benesse-artsite.jp/art/ …

The Naoshima Plan 2019「水」(na07-B)

2011年から取り組んでいる「The Naoshima Plan」は、直島にて、個々の建築や街区、水路などを通して島全体の風・水・太陽などの「動く素材」を浮き上がらせ、その美しさや大切さ、新たな価値を …

直島ホール(na08)

地域住民の活動、スポーツ・レクリエーションや文化・芸能活動などの各種団体の活動拠点、指定避難所としての防災拠点、地域の葬祭などに活用される直島町の多目的施設である。 体育館棟(ホール)と集会所棟(集会 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

  • 犬島港→フェリー時刻表 犬島港から行ける港 ④犬島港→家浦港(豊島)→宮浦(直島)時刻表 犬島チケットセンター切...
  • 宝伝港→フェリー時刻表 宝伝港から行ける港 宝伝港からは犬島へ行くことができます。その他犬島へは宮浦(直島)→家浦(豊島)から...
  • 針工場 Photo by Miyuki 豊島の家浦岡集落のメリヤス針の製造工場跡に、宇和島の造船所にて一度も本...
  • 迷路のまち~変幻自在の路地空間~(sd04)-目 前回の芸術祭で、元たばこ屋の建物を改装して回遊型インスタレーションを発表したアートユニットの目が新たな作品...
  • うか食堂 /UKA HOUSE うか食堂 /UKA HOUSE 家浦港より徒歩15分、大竹伸朗作品「針工場」方面にある、食事と宿泊がで...
  • 花寿波島の秘密(sd09)-康夏奈 三都半島の沖に浮かぶ無人島、花寿波島。このとても小さな島をモチーフとした陸と海の絵画を描き、十六角形の逆円...
  • Co Co Cafe 唐櫃港からすぐ なんとサザエ の壷焼きが食べられるそうです。 いいですね~ メニューはオリ...
  • 静寂の部屋(sd28)-ハンス・オプ・デ・ビーク 小豆島の主要産業である醤油組合の建物に制作する没入型の彫刻インスタレーション。欧州のベルギーとアジアの日本...
  • 新岡山港→フェリー時刻表 新岡山港から行ける港 新岡山港からは、土庄港(小豆島)に行くことができます。 →土庄港 時刻表 ...
  • 家プロジェクト 南寺(na13-B) 直島の歴史と文化の中心地であり、南寺と呼ばれるお寺があった場所に建てられた安藤忠雄による木造建築、「南寺」。...
Translate »