◆小豆島_Shodoshima 三都半島エリア_Mitohanto

“Stand Up!” Series/駆け出した犬、浮遊する象(sd18)-髙瑞

投稿日:

本プランは、三都半島に残された「犬の墓」伝説と、三都半島の神浦沖海中から産出するナウマン象の化石にちなみ、犬の置物を立ち上がらせる彫刻作品「”Stand Up!”」シリーズを組み合わせた巨大なナウマン象の彫刻作品を制作し、これを中心としたインスタレーションを構成している。この地域では漁師の網に引っかかって海底からナウマン象の骨が出てくることがある。それは太古からの呼びかけのようなものであり、かつてこの地域に生きた動物の生き生きとした姿を連想させ、作家はナウマン象とこの地域にのこる「犬の墓伝説」を組み合わせた作品を制作する。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190606090204bd6ce7125b9ec4dc4fec878be2d93b1e&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
“Stand Up!” Series/駆け出した犬、浮遊する象
アーティスト:髙瑞
作品No.:sd18
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 三都半島エリア_Mitohanto
-

執筆者:

関連記事

自然の目「大地から」(sd11)-フリオ・ゴヤ

古民家の敷地内にある2本のイブキの木を利用して、ツリーハウスを設置する。炎のような枝ぶりのイブキの大木は、島の大地に根を張り、太陽に向かって幹を伸ばし、台風などの被害から家屋や人間を護る防風林として機 …

再び ・・・(sd03)-キム・キョンミン

目で見て感じる音をテーマに制作しています。今回は、小豆島の空間に対して芽生えた感情を言葉にし、その言葉を想像の水の中に落とすことで、その空間とつながる水の動きをイメージし「再び…」と言うテーマにした。 …

福武ハウス─「アジア・アート・プラットフォーム」「アジアギャラリー」(sd34-B)福田アジア食堂

小豆島の福田という一つの集落を通してアジア諸地域がつながるプロジェクトとして2013年に始動した福武ハウスは、旧小豆島町福田小学校を再生した「福武ハウス」の他、アジア各地域の料理を福田の地域住民がふる …

明日の海(sd14)-友定睦

鑑賞者に「記憶の風景」について問うことを目的とし、壺井栄のエッセイを基点に、テキスト、音声、映像、オブジェを用いたインスタレーションを構成する。 引用:https://setouchi-artfest …

エレメント(sd17)-志水児王

生産や役割を終え、全てが静止している様に見える工場。作家はこの場に固有の運動パターンを持ち込み、通常では知覚する事のできない現象を抽出することによって、静止していた空間を新たな循環モデルとして再起動す …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »