◆小豆島_Shodoshima 三都半島エリア_Mitohanto

“Stand Up!” Series/駆け出した犬、浮遊する象(sd18)-髙瑞

投稿日:

本プランは、三都半島に残された「犬の墓」伝説と、三都半島の神浦沖海中から産出するナウマン象の化石にちなみ、犬の置物を立ち上がらせる彫刻作品「”Stand Up!”」シリーズを組み合わせた巨大なナウマン象の彫刻作品を制作し、これを中心としたインスタレーションを構成している。この地域では漁師の網に引っかかって海底からナウマン象の骨が出てくることがある。それは太古からの呼びかけのようなものであり、かつてこの地域に生きた動物の生き生きとした姿を連想させ、作家はナウマン象とこの地域にのこる「犬の墓伝説」を組み合わせた作品を制作する。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190606090204bd6ce7125b9ec4dc4fec878be2d93b1e&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
“Stand Up!” Series/駆け出した犬、浮遊する象
アーティスト:髙瑞
作品No.:sd18
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 三都半島エリア_Mitohanto
-

執筆者:

関連記事

フルイーレ(sd07)-ジャコモ・ザガネッリ

中山と肥土山のコミュニティーに強く触発されたイタリアはフィレンツェ出身のジャコモ・ザガネッリは、かつて肥土山の小学生に使用されていたプールを地域のための庭園に変容するべく、地域の人々との接触を図る。変 …

境界線の庭(sd10)-土井満治

三都半島谷尻地区の海沿いに突如現れる、妙に広く、人工的なこの空き地は、地面と海が構造物に隔たれることなく連続的に繋がれ、眺望に優れた場所になっている。また、立地的にもその成り立ちからも、海と山との間に …

ジョルジュ・ギャラリー(sd27)-ジョルジュ・ルース

小豆島・醤の郷に「小豆島アートプロジェクト」代表・石井純の祖父母がかつて暮らした古民家が残されている。26年間静かに眠っていたこの住空間に、2018年10月、フランスの写真家「ジョルジュ・ルース」を招 …

葺田パヴィリオン(sd35)-西沢立衛

福田体育館と隣接する葺田八幡神社境内にあるパヴィリオン。カーブした二枚の鋼板が重なり合って、端部が互いに溶接されることで、お互いにお互いを拘束し合って形が成り立っている。二枚の鋼板の間に生まれた空間が …

エレメント(sd17)-志水児王

生産や役割を終え、全てが静止している様に見える工場。作家はこの場に固有の運動パターンを持ち込み、通常では知覚する事のできない現象を抽出することによって、静止していた空間を新たな循環モデルとして再起動す …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »