◆小豆島_Shodoshima 三都半島エリア_Mitohanto

“Stand Up!” Series/駆け出した犬、浮遊する象(sd18)-髙瑞

投稿日:

本プランは、三都半島に残された「犬の墓」伝説と、三都半島の神浦沖海中から産出するナウマン象の化石にちなみ、犬の置物を立ち上がらせる彫刻作品「”Stand Up!”」シリーズを組み合わせた巨大なナウマン象の彫刻作品を制作し、これを中心としたインスタレーションを構成している。この地域では漁師の網に引っかかって海底からナウマン象の骨が出てくることがある。それは太古からの呼びかけのようなものであり、かつてこの地域に生きた動物の生き生きとした姿を連想させ、作家はナウマン象とこの地域にのこる「犬の墓伝説」を組み合わせた作品を制作する。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190606090204bd6ce7125b9ec4dc4fec878be2d93b1e&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
“Stand Up!” Series/駆け出した犬、浮遊する象
アーティスト:髙瑞
作品No.:sd18
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 三都半島エリア_Mitohanto
-

執筆者:

関連記事

葺田パヴィリオン(sd35)-西沢立衛

福田体育館と隣接する葺田八幡神社境内にあるパヴィリオン。カーブした二枚の鋼板が重なり合って、端部が互いに溶接されることで、お互いにお互いを拘束し合って形が成り立っている。二枚の鋼板の間に生まれた空間が …

自然の目「大地から」(sd11)-フリオ・ゴヤ

古民家の敷地内にある2本のイブキの木を利用して、ツリーハウスを設置する。炎のような枝ぶりのイブキの大木は、島の大地に根を張り、太陽に向かって幹を伸ばし、台風などの被害から家屋や人間を護る防風林として機 …

エレメント(sd17)-志水児王

生産や役割を終え、全てが静止している様に見える工場。作家はこの場に固有の運動パターンを持ち込み、通常では知覚する事のできない現象を抽出することによって、静止していた空間を新たな循環モデルとして再起動す …

過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる(sd15)-鹿田義彦

小豆島の地勢をモチーフに、過去・現在・未来を捉え直すきっかけを創出する。日本三大渓谷の一つ「寒霞渓」の古葉書の写真と、今の姿の写真を重ね合わせ、「いま、ここ」の認識を揺さぶる。そして、雪が降り積もった …

愛のボラード(sd33)-清水久和

駐車場の一角に、巨大なボラード(船を繋留するために岸壁にある柱)を設置。海からやってくるはずの「何か」に対して、見る者の想像力をかき立てる。どんな大きなものでもつなぎとめられそうで、力強くて無表情でナ …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »