◆女木島_Megijima

家船(mg18)-KOURYOU

投稿日:

家族で船に住み、様々な土地を漂流、移動生活をしていた人達がいた。
古代から近世まで東アジア一帯に存在した彼らが、漁業を営み生活した船を、瀬戸内海では「家船」と呼んでいたようだ。
作品「家船」では、東アジアを移動してきた彼らの船が女木島に漂着し、島に住む事になり、主がいなくなったその後の遠い未来にまで、もし彼らの家が残っていたとしたら…とゆう設定で、古代から現在、未来までの長い長い時間が一つの家船に折り重なった空間を作りたいと思う。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.201905091907520bae56909ea5eda09d6f00406a3101dc&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
家船
アーティスト:KOURYOU
作品No.:mg18
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:00-16:30







-◆女木島_Megijima
-

執筆者:

関連記事

「島の中の小さなお店」プロジェクト ウェディング・ショップ(mg07)-リョン・カータイ(梁家泰)+ 赤い糸

結婚は家族、コミュニティ、ひいては国において、基盤となるユニットである。興味深いことに、結婚の重要性が揺らぐことはないが、社会的文脈における意味合いは変化し続けるように思われる。儀式としての婚礼なのか …

女根 / めこん(mg13-B)-大竹伸朗

島に生息していた大きな椰子が人工衛星のようにブイの上にそびえ立ち、その周りにはキッチュなタイルのモザイクやワニのオブジェ、船材などを配置。休校中の小学校と植物と作品とが一体となって響き合う。前回の芸術 …

カモメの駐車場(mg01)-木村崇人

フェリーが女木港に近づくと、防波堤にずらりと並んだ約300羽のカモメが見えてくる。本物のカモメと同様、このオブジェも風が吹くといっせいに方向を変える。つまり風の流れとカモメの群れの習性を視覚化した作品 …

女木島ゲストハウス&カフェMegino

Contents1 女木島ゲストハウス&カフェMegino1.1 CAFE1.2 Gesthouse 女木島ゲストハウス&カフェMegino 2019年にオープンしたゲストハウス&カフェです。 鬼が島 …

段々の風(mg17)-杉浦康益

約400個の陶のブロックを設置。町並みと海が見渡せる光景と作品の一体化を図り、大パノラマを見せる。 その場所は、かつて段々畑だったところ。傾斜地を開墾したが、やがて過疎のために雑木と草に覆われてしまっ …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »