◆女木島_Megijima

家船(mg18)-KOURYOU

投稿日:

家族で船に住み、様々な土地を漂流、移動生活をしていた人達がいた。
古代から近世まで東アジア一帯に存在した彼らが、漁業を営み生活した船を、瀬戸内海では「家船」と呼んでいたようだ。
作品「家船」では、東アジアを移動してきた彼らの船が女木島に漂着し、島に住む事になり、主がいなくなったその後の遠い未来にまで、もし彼らの家が残っていたとしたら…とゆう設定で、古代から現在、未来までの長い長い時間が一つの家船に折り重なった空間を作りたいと思う。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.201905091907520bae56909ea5eda09d6f00406a3101dc&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
家船
アーティスト:KOURYOU
作品No.:mg18
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:00-16:30







-◆女木島_Megijima
-

執筆者:

関連記事

不在の存在(mg15-B)-レアンドロ・エルリッヒ

改装した空家に、2点の作品とともに図書室とレストランが併設されている。アーティスト、レアンドロ・エルリッヒは、この家をはじめて訪れたとき、そこに残る生活の痕跡に強く感銘を受け、その痕跡を再構築しようと …

「島の中の小さなお店」プロジェクト 的屋(mg12)-長谷川仁

女木島ならではの的屋を作ります。この地で取れるもの(地物)にこだわってそれらに手を加えて商品にしていきます。海岸で拾ったものに手を加えヨーヨー釣りの景品を作り、女木島の猫をモデルにお面を作り、瀬戸内の …

「島の中の小さなお店」プロジェクト ヘアサロン壽(mg06)-宮永愛子

悠久の時、海と潮風のあるヘアサロン美容院や理髪店、誰しもが時折通う場所。多くが閉ざされた空間である。もし海を見ながら、あるいは潮騒を聞きながらヘアカットしたらどうだろう。その想いを、気化するナフタリン …

「島の中の小さなお店」プロジェクト ランドリー (mg09)-レアンドロ・エルリッヒ

この新しい作品は、東京のアートフロントギャラリー(2018年1月)で初めて展示された。レアンドロ・エルリッヒの作品のではよく知られている、宇宙と家庭(the cosmic and the domest …

「島の中の小さなお店」プロジェクト 世界はどうしてこんなに美しいんだ(mg10)-山下麻衣+小林直人

「世界はどうしてこんなに美しいんだ」という文字が車輪に浮かび上がる自転車で、瀬戸内を走るプロジェクト 誰にでも、困難な時に限って、当たり前のように降り注ぐ陽の光や、緑の木々、夕焼けや星空といった自然現 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »