◆犬島_Inujima

F邸/Biota (Fauna/Flora)(in01-B)-名和晃平

投稿日:

動物や植物を想起させる様々な形のオブジェや多様な物質の表面からなる彫刻など、複数の作品を「F邸」とその坪庭を含む建物全体の空間にダイナミックに展示しています。犬島という場を背景に、新しい生のかたちを表現しています。

アーティスティックディレクター:長谷川祐子 | 建築:妹島和世

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190401194400685bb09b11e604059d26edc6a5f19776&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
引用:http://benesse-artsite.jp/art/uploads/art/inujima-arthouse/house_f.jpg

犬島「家プロジェクト」
犬島の集落に「日常の中の美しい風景や作品の向こうに広がる身近な自然を感じられるように」との願いを込め、2010年、企画展示を目的としたギャラリーを開館しました。
アーティスティックディレクターに長谷川祐子、建築家に妹島和世を迎え、現在、「F邸」「S邸」「I邸」「A邸」「C邸」の5つのギャラリーと「石職人の家跡」に、さまざまなアーティストの作品を公開しています。
集落に点在するギャラリーは、かつて建っていた民家の瓦屋根や古材、透明なアクリル、周囲の風景を映し出すアルミなど多様な素材でつくられています。
長谷川は、島の風景を見ながら点在する作品を巡る体験を「桃源郷」をテーマにした一連の物語になぞらえています。

【作品データ】
F邸/Biota (Fauna/Flora)
アーティスト:名和晃平
作品No.:in01-B
料金:2,060円 | ※犬島精錬所美術館、犬島 くらしの植物園と共通 | ※15歳以下無料
休業日:火曜日(3/1~11/30) | 火・水・木曜日(12/1~2/28) | ※祝日の場合は開館、翌日休館 | ※月曜日が祝日の場合は、火曜日開館、翌水曜日休館
開館時間:10:00-16:30 (最終入館16:00)







-◆犬島_Inujima
-,

執筆者:

関連記事

S邸/コンタクトレンズ(in02-B)-荒神明香

透明アクリルの壁が連なる「S邸」に設置された本作品は、大きさや焦点が異なる無数の円形レンズを通して周りの景色の形や大きさが歪んで映し出され、見る人に目に見える世界の多様性を促しています。 アーティステ …

犬島港→フェリー時刻表

Contents1 犬島港から行ける港2 ④犬島港→家浦港(豊島)→宮浦(直島)時刻表3 ⑰犬島港→宝伝港 犬島港から行ける港 ④犬島港→家浦港(豊島)→宮浦(直島)時刻表  犬島発→家浦着 …

犬島精錬所美術館(in07-B)-柳幸典

犬島精練所美術館は、近代化産業遺産である銅製錬所の遺構を活用し、自然エネルギーやその土地にある素材を活かした三分一博志の建築と三島由紀夫をモチーフとした柳幸典のアートワークで構成される。「遺産、建築、 …

I邸/Self-loop(in05-B)-オラファー・エリアソン

向かい合う3つの鏡で構成された作品。中央に立ち、それぞれの鏡をのぞき込むと、映し出された風景と鑑賞者自身が無限にループし、時間と空間の奥行きをもたらす。アーティスティックディレクター:長谷川祐子 | …

石職人の家跡/太古の声を聴くように、昨日の声を聴く(in06-B)-淺井裕介

素材や場所そのものに蓄積された記憶に反応するように、描かれた動植物などの生命力あふれるモチーフが犬島の土地に根差し、さらには敷地を飛び出して集落内の路地にも展開していきます。アーティスティックディレク …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »