◆小豆島_Shodoshima 肥土山/中山エリア_Hitoyama-Nakayama

フルイーレ(sd07)-ジャコモ・ザガネッリ

投稿日:

中山と肥土山のコミュニティーに強く触発されたイタリアはフィレンツェ出身のジャコモ・ザガネッリは、かつて肥土山の小学生に使用されていたプールを地域のための庭園に変容するべく、地域の人々との接触を図る。変化を促す触媒に徹すべく、水という要素を通して肥土山・中山の歴史と密接につながるプールを作品制作の場として選び、地元特有の産業や素材と文化を再解釈したうえで、15年もの間放置されてきた場所を、新しい「形」で再始動させる。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.2019051110375239ab90597f5be6590d0d255c3adc93bf&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
フルイーレ
アーティスト:ジャコモ・ザガネッリ
作品No.:sd07
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 肥土山/中山エリア_Hitoyama-Nakayama
-

執筆者:

関連記事

静寂の部屋(sd28)-ハンス・オプ・デ・ビーク

小豆島の主要産業である醤油組合の建物に制作する没入型の彫刻インスタレーション。欧州のベルギーとアジアの日本を結ぶ体験を生むような、両国の文化的な環境を取り入れつつ、作品設置場所の小豆島にもちなんだ空間 …

過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる(sd15)-鹿田義彦

小豆島の地勢をモチーフに、過去・現在・未来を捉え直すきっかけを創出する。日本三大渓谷の一つ「寒霞渓」の古葉書の写真と、今の姿の写真を重ね合わせ、「いま、ここ」の認識を揺さぶる。そして、雪が降り積もった …

草壁港→フェリー時刻表

Contents1 草壁港から行ける港2 →高松港 草壁港から行ける港 草壁港からは高松港まで行くことができます。 →高松港 旅客線ブルーライン、撮影は高松港 Photo by Miyuki &nbs …

辿り着く向こう岸ーシャン・ヤンの航海企画展(sd20)-シャン・ヤン

「舟」は東西洋の文化にそれぞれの強い意味がある。仏教では、人間は舟に乗って苦しみの海を渡り、道教では、舟は出世するための乗り物である。西方の宗教にも世界の生き物を救う船の物語が存在する。60年代後半、 …

迷路のまち~変幻自在の路地空間~(sd04)-目

前回の芸術祭で、元たばこ屋の建物を改装して回遊型インスタレーションを発表したアートユニットの目が新たな作品を加え、「迷路のまち」のエリアを拡大する。たばこ屋や飲食店などにさまざまな仕掛けを施し、たくみ …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »