◆小豆島_Shodoshima 福田エリア_Fukuda 飲食店(eat&drink)

福武ハウス─「アジア・アート・プラットフォーム」「アジアギャラリー」(sd34-B)福田アジア食堂

投稿日:

小豆島の福田という一つの集落を通してアジア諸地域がつながるプロジェクトとして2013年に始動した福武ハウスは、旧小豆島町福田小学校を再生した「福武ハウス」の他、アジア各地域の料理を福田の地域住民がふるまう「福田アジア食堂」、福田地区とアジアのパートナーが様々な活動を通してお互いの理解を深めるプロジェクトなどを展開してきた。
2019年は、校舎の2階をギャラリー空間に改装した「アジア・ギャラリー」を新たにオープンし、ベネッセアートサイト直島が所蔵するアジアコレクションを中心とする展覧会を開催。建築家の西沢立衛がアジア・ギャラリーの改装を進め、近年、新たにシンガポール・ビエンナーレを舞台に展開されるようになったベネッセ賞や調査旅行等を通して集められたアジア現代美術作品のほか、この場所・空間に合わせて構想・制作された新作などを展示する。

福田アジア食堂は16時まで (L.O. 15:30) 、瀬戸内国際芸術祭会期中のみの営業です。

メニュー
・チェュクポックムのサムパブ定食 1,000円
・ホットコーヒー 300円
・アイスコーヒー 300円
・ゆず茶 300円
・ゆずソーダ 300円
・コーラ 300円

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190531093638d9b97f0685da0fa01398cfdd13ac2711&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
福武ハウス
作品No.:sd34-B
料金:500円
休業日:会期中無休
開館時間:11:00-17:00 | ※食堂は16:00まで







-◆小豆島_Shodoshima, 福田エリア_Fukuda, 飲食店(eat&drink)
-

執筆者:

関連記事

過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる(sd15)-鹿田義彦

小豆島の地勢をモチーフに、過去・現在・未来を捉え直すきっかけを創出する。日本三大渓谷の一つ「寒霞渓」の古葉書の写真と、今の姿の写真を重ね合わせ、「いま、ここ」の認識を揺さぶる。そして、雪が降り積もった …

山声洞 (sd19)-伊東敏光

小豆島の神浦地区は、大正時代から昭和の終わりまで良質な砕石を京阪神地方に出荷する採石場があり、砕石工場で働く労働者や運搬を請け負う地元の船主の利益によって大変栄え、三都半島の先端地域は活気に満ちていた …

土庄港→フェリー時刻表

Contents1 土庄港から行ける港2 →高松港 時刻表2.1 フェリー時刻表2.2 高速艇時刻表3 → 唐櫃港(豊島)→家浦港(豊島)→ 宇野港 時刻表4 →新岡山港 時刻表 土庄港から行ける港 …

猪鹿垣の島(sd06)-齋藤正人

前回の芸術祭で、約200年前に築かれたとされる小豆島特有の猪鹿垣を再築。今回は新たに、ピラミッド型の石積みを実施する。猪鹿垣と農耕文化の形、石積み技術の継承といった小豆島の固有文化を、ピラミッド型で視 …

鐘舎 Bell Shelter(sd23)-朱哲琴 (Dadawa)

「鐘舎 Bell Shelter」は、音を可視化するサイトスペシフィックな作品。音楽家である作家が作った観客参加型の作品で、瀬戸内国際芸術祭のために作られたサウンドインスタレーション。 引用:http …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »