◆小豆島_Shodoshima 福田エリア_Fukuda 飲食店(eat&drink)

福武ハウス─「アジア・アート・プラットフォーム」「アジアギャラリー」(sd34-B)福田アジア食堂

投稿日:

小豆島の福田という一つの集落を通してアジア諸地域がつながるプロジェクトとして2013年に始動した福武ハウスは、旧小豆島町福田小学校を再生した「福武ハウス」の他、アジア各地域の料理を福田の地域住民がふるまう「福田アジア食堂」、福田地区とアジアのパートナーが様々な活動を通してお互いの理解を深めるプロジェクトなどを展開してきた。
2019年は、校舎の2階をギャラリー空間に改装した「アジア・ギャラリー」を新たにオープンし、ベネッセアートサイト直島が所蔵するアジアコレクションを中心とする展覧会を開催。建築家の西沢立衛がアジア・ギャラリーの改装を進め、近年、新たにシンガポール・ビエンナーレを舞台に展開されるようになったベネッセ賞や調査旅行等を通して集められたアジア現代美術作品のほか、この場所・空間に合わせて構想・制作された新作などを展示する。

福田アジア食堂は16時まで (L.O. 15:30) 、瀬戸内国際芸術祭会期中のみの営業です。

メニュー
・チェュクポックムのサムパブ定食 1,000円
・ホットコーヒー 300円
・アイスコーヒー 300円
・ゆず茶 300円
・ゆずソーダ 300円
・コーラ 300円

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190531093638d9b97f0685da0fa01398cfdd13ac2711&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
福武ハウス
作品No.:sd34-B
料金:500円
休業日:会期中無休
開館時間:11:00-17:00 | ※食堂は16:00まで







-◆小豆島_Shodoshima, 福田エリア_Fukuda, 飲食店(eat&drink)
-

執筆者:

関連記事

スター・アンガー(sd30)-ヤノベケンジ

坂手港の灯台跡地に巨大な立体作品を設置。光り輝く球体の上に、龍が鎮座し、叫びを上げる。また、球体と龍はミラーボールのように回転し、夜間にはミラーチップが光る。設置以来、坂手港のシンボル・モニュメントと …

エレメント(sd17)-志水児王

生産や役割を終え、全てが静止している様に見える工場。作家はこの場に固有の運動パターンを持ち込み、通常では知覚する事のできない現象を抽出することによって、静止していた空間を新たな循環モデルとして再起動す …

アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社(sd31)-ビートたけし×ヤノベケンジ

高さ約8メートルもの巨大な彫刻が、井戸から姿を現す。島にある古井戸の底に潜む巨大な地霊的化け物が出現し、人々を脅かすという寓話的な設定だ。ビートたけしが構想したプランをもとに、ヤノベケンジが実現。実際 …

“Stand Up!” Series/駆け出した犬、浮遊する象(sd18)-髙瑞

本プランは、三都半島に残された「犬の墓」伝説と、三都半島の神浦沖海中から産出するナウマン象の化石にちなみ、犬の置物を立ち上がらせる彫刻作品「”Stand Up!”」シリーズを組 …

潮耳荘(sd16)-広島市立大学芸術学部有志

伊東敏光+康夏奈+広島市立大学芸術学部有志古材を用いて大型の立体作品を制作。海に向かってホルンのような形の集音器が出ていて、内部空間全体に海の音が響く構造だ。 引用:https://setouchi- …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »