◆小豆島_Shodoshima 福田エリア_Fukuda 飲食店(eat&drink)

福武ハウス─「アジア・アート・プラットフォーム」「アジアギャラリー」(sd34-B)福田アジア食堂

投稿日:

小豆島の福田という一つの集落を通してアジア諸地域がつながるプロジェクトとして2013年に始動した福武ハウスは、旧小豆島町福田小学校を再生した「福武ハウス」の他、アジア各地域の料理を福田の地域住民がふるまう「福田アジア食堂」、福田地区とアジアのパートナーが様々な活動を通してお互いの理解を深めるプロジェクトなどを展開してきた。
2019年は、校舎の2階をギャラリー空間に改装した「アジア・ギャラリー」を新たにオープンし、ベネッセアートサイト直島が所蔵するアジアコレクションを中心とする展覧会を開催。建築家の西沢立衛がアジア・ギャラリーの改装を進め、近年、新たにシンガポール・ビエンナーレを舞台に展開されるようになったベネッセ賞や調査旅行等を通して集められたアジア現代美術作品のほか、この場所・空間に合わせて構想・制作された新作などを展示する。

福田アジア食堂は16時まで (L.O. 15:30) 、瀬戸内国際芸術祭会期中のみの営業です。

メニュー
・チェュクポックムのサムパブ定食 1,000円
・ホットコーヒー 300円
・アイスコーヒー 300円
・ゆず茶 300円
・ゆずソーダ 300円
・コーラ 300円

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190531093638d9b97f0685da0fa01398cfdd13ac2711&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
福武ハウス
作品No.:sd34-B
料金:500円
休業日:会期中無休
開館時間:11:00-17:00 | ※食堂は16:00まで







-◆小豆島_Shodoshima, 福田エリア_Fukuda, 飲食店(eat&drink)
-

執筆者:

関連記事

小豆島の木(sd37)-竹腰耕平

小豆島の北海岸線で伐採された木に着目したインスタレーション。長い年月を生きてきた木を最後に掘り出し、その存在をあらわにする。私たちが普段木を見上げることとは異なるアプローチで木と相対する。 2016年 …

再び ・・・(sd03)-キム・キョンミン

目で見て感じる音をテーマに制作しています。今回は、小豆島の空間に対して芽生えた感情を言葉にし、その言葉を想像の水の中に落とすことで、その空間とつながる水の動きをイメージし「再び…」と言うテーマにした。 …

小豆島の恋(sd08)-ワン・ウェンチー(王文志)

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190509192754d6ff9051 …

自然の目「大地から」(sd11)-フリオ・ゴヤ

古民家の敷地内にある2本のイブキの木を利用して、ツリーハウスを設置する。炎のような枝ぶりのイブキの大木は、島の大地に根を張り、太陽に向かって幹を伸ばし、台風などの被害から家屋や人間を護る防風林として機 …

鐘舎 Bell Shelter(sd23)-朱哲琴 (Dadawa)

「鐘舎 Bell Shelter」は、音を可視化するサイトスペシフィックな作品。音楽家である作家が作った観客参加型の作品で、瀬戸内国際芸術祭のために作られたサウンドインスタレーション。 引用:http …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »