◆女木島_Megijima

不在の存在(mg15-B)-レアンドロ・エルリッヒ

投稿日:

改装した空家に、2点の作品とともに図書室とレストランが併設されている。アーティスト、レアンドロ・エルリッヒは、この家をはじめて訪れたとき、そこに残る生活の痕跡に強く感銘を受け、その痕跡を再構築しようと試みた。
《Invisible(見えないもの)》は、白い石を敷き詰めた石庭が作品となっている。誰も歩いていないはずの庭に、石を踏む音とともに足跡が現れ、目に見えない存在の痕跡をほのめかす。入口左手にある部屋にあるのは《Double Tea(二重の茶室)》と題された作品。
和室に設置された2枚の鏡のうち片方が奥の空間への入り口となっており、「鏡の向こう」に入っていくかのような体験をすることができる。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.2019041021333129dcd680b4842c0b0be1de2cb17a3974&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
不在の存在
アーティスト:レアンドロ・エルリッヒ
作品No.:mg15-B
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:00-16:30







-◆女木島_Megijima
-

執筆者:

関連記事

段々の風(mg17)-杉浦康益

約400個の陶のブロックを設置。町並みと海が見渡せる光景と作品の一体化を図り、大パノラマを見せる。 その場所は、かつて段々畑だったところ。傾斜地を開墾したが、やがて過疎のために雑木と草に覆われてしまっ …

「島の中の小さなお店」プロジェクト ランドリー (mg09)-レアンドロ・エルリッヒ

この新しい作品は、東京のアートフロントギャラリー(2018年1月)で初めて展示された。レアンドロ・エルリッヒの作品のではよく知られている、宇宙と家庭(the cosmic and the domest …

「島の中の小さなお店」プロジェクト ピンポン・シー(mg08)-原倫太郎+原游

海の家だった建物のピロティを卓球場にする(海の上の卓球テーマパーク)。ピロティには普通の卓球台を3台置き、来場者は自由に卓球をプレイすることができる。吹き抜け空間には、4、5 人が同時にプレイできる大 …

BONSAI deepening roots(mg04)-平尾成志×瀬ト内工芸ズ。

3年前、瀬戸内国際芸術祭2016で女木島にて発表した「feel feel BONSAI」。盆栽の過去・現在・未来を「感じる」ということをテーマに、展示・空間・映像・イベント・パフォーマンスなど、さまざ …

MEGI HOUSE(mg03)-愛知県立芸術大学瀬戸内アートプロジェクトチーム

「週末はMEGI HOUSE」をコンセプトに、MEGI HOUSEを舞台に様々な展示やイベントを開催する。 引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fil …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »