◆女木島_Megijima

不在の存在(mg15-B)-レアンドロ・エルリッヒ

投稿日:

改装した空家に、2点の作品とともに図書室とレストランが併設されている。アーティスト、レアンドロ・エルリッヒは、この家をはじめて訪れたとき、そこに残る生活の痕跡に強く感銘を受け、その痕跡を再構築しようと試みた。
《Invisible(見えないもの)》は、白い石を敷き詰めた石庭が作品となっている。誰も歩いていないはずの庭に、石を踏む音とともに足跡が現れ、目に見えない存在の痕跡をほのめかす。入口左手にある部屋にあるのは《Double Tea(二重の茶室)》と題された作品。
和室に設置された2枚の鏡のうち片方が奥の空間への入り口となっており、「鏡の向こう」に入っていくかのような体験をすることができる。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.2019041021333129dcd680b4842c0b0be1de2cb17a3974&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
不在の存在
アーティスト:レアンドロ・エルリッヒ
作品No.:mg15-B
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:00-16:30







-◆女木島_Megijima
-

執筆者:

関連記事

BONSAI deepening roots(mg04)-平尾成志×瀬ト内工芸ズ。

3年前、瀬戸内国際芸術祭2016で女木島にて発表した「feel feel BONSAI」。盆栽の過去・現在・未来を「感じる」ということをテーマに、展示・空間・映像・イベント・パフォーマンスなど、さまざ …

「島の中の小さなお店」プロジェクト ウェディング・ショップ(mg07)-リョン・カータイ(梁家泰)+ 赤い糸

結婚は家族、コミュニティ、ひいては国において、基盤となるユニットである。興味深いことに、結婚の重要性が揺らぐことはないが、社会的文脈における意味合いは変化し続けるように思われる。儀式としての婚礼なのか …

瀬戸内ガストロノミー(mg16)-EAT&ART TARO

「不在の存在」(レアンドロ・エルリッヒ)作品に併設されたレストラン、イアラ女木島で、食をテーマにした作品をつくるEAT & ART TARO 監修のランチを提供します。ランチを食べながら、瀬戸 …

ISLAND THEATRE MEGI 「女木島名画座」(mg14)-依田洋一朗

いまは使われていない倉庫を活用し、シアター仕立ての絵画と映像によるインスタレーションを発表。客席エリアではボックス席などの装飾を作者自らペインティングし、ロビーでは映画スターのプロマイドや絵画などを展 …

「島の中の小さなお店」プロジェクト ピンポン・シー(mg08)-原倫太郎+原游

海の家だった建物のピロティを卓球場にする(海の上の卓球テーマパーク)。ピロティには普通の卓球台を3台置き、来場者は自由に卓球をプレイすることができる。吹き抜け空間には、4、5 人が同時にプレイできる大 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »