◆小豆島_Shodoshima 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe

ジョルジュ・ギャラリー(sd27)-ジョルジュ・ルース

投稿日:

小豆島・醤の郷に「小豆島アートプロジェクト」代表・石井純の祖父母がかつて暮らした古民家が残されている。
26年間静かに眠っていたこの住空間に、2018年10月、フランスの写真家「ジョルジュ・ルース」を招聘し、約50名のボランティアと共に、和室や納屋やロフトに幾何学模様を描くプロジェクトが進められた。ジョルジュ・ルースは廃墟や取り壊し予定の建物の空間にインスタレーションを設置、それを写真作品として完成させるアーティストである。今回、3か所で創られたインスタレーションは、特別に瀬戸芸のために残されて、3つの写真作品と共にこの古民家を改装して造られた「ジョルジュ・ギャラリー」で公開される。
しかしそれらは、箔やチョークといった儚い素材で描かれており、いずれ時間と共に消えていくかもしれない。
人々の営みと共に生きた空間にもう一度息吹を吹き込むと同時に、それは新たな記憶として埋没していく道程の第一歩でもあるのだ。
ギャラリー内ではほかに、制作過程を記録した岸本康の映像作品を、併設の「コヒラ・カフェ」では栩山孝と片山みやびの作品をそれぞれ展示する。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190510194541c27d794888da76fa3571e523030b8164&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
ジョルジュ・ギャラリー
アーティスト:ジョルジュ・ルース
作品No.:sd27
料金:500円(パスポート提示で300円)
休業日:
開館時間:10:00-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe
-

執筆者:

関連記事

再び ・・・(sd03)-キム・キョンミン

目で見て感じる音をテーマに制作しています。今回は、小豆島の空間に対して芽生えた感情を言葉にし、その言葉を想像の水の中に落とすことで、その空間とつながる水の動きをイメージし「再び…」と言うテーマにした。 …

国境を越えて・波(sd36)-リン・シュンロン(林舜龍)

2016年秋、冷たい風の中に、196体の世界の子供は、瀬戸内海小豆島北部の大部港の砂浜で溶けてなくなり、海潮と共に世界へ流されていって、自分の故郷に帰っていった。2019年春、爽やかな風の中に、1体の …

おおきな曲面のある小屋(sd24)-島田陽

芸術祭2013で、醤の郷に公衆トイレが設置された。周囲の町並みに溶け込むよう、屋根には瓦を採用。また、周囲に多くある大きな杉樽の醤油蔵になじむよう、柔らかな曲線を描いておだやかな空間をつくり出している …

猪鹿垣の島(sd06)-齋藤正人

前回の芸術祭で、約200年前に築かれたとされる小豆島特有の猪鹿垣を再築。今回は新たに、ピラミッド型の石積みを実施する。猪鹿垣と農耕文化の形、石積み技術の継承といった小豆島の固有文化を、ピラミッド型で視 …

アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社(sd31)-ビートたけし×ヤノベケンジ

高さ約8メートルもの巨大な彫刻が、井戸から姿を現す。島にある古井戸の底に潜む巨大な地霊的化け物が出現し、人々を脅かすという寓話的な設定だ。ビートたけしが構想したプランをもとに、ヤノベケンジが実現。実際 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »