◆小豆島_Shodoshima 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe

ジョルジュ・ギャラリー(sd27)-ジョルジュ・ルース

投稿日:

小豆島・醤の郷に「小豆島アートプロジェクト」代表・石井純の祖父母がかつて暮らした古民家が残されている。
26年間静かに眠っていたこの住空間に、2018年10月、フランスの写真家「ジョルジュ・ルース」を招聘し、約50名のボランティアと共に、和室や納屋やロフトに幾何学模様を描くプロジェクトが進められた。ジョルジュ・ルースは廃墟や取り壊し予定の建物の空間にインスタレーションを設置、それを写真作品として完成させるアーティストである。今回、3か所で創られたインスタレーションは、特別に瀬戸芸のために残されて、3つの写真作品と共にこの古民家を改装して造られた「ジョルジュ・ギャラリー」で公開される。
しかしそれらは、箔やチョークといった儚い素材で描かれており、いずれ時間と共に消えていくかもしれない。
人々の営みと共に生きた空間にもう一度息吹を吹き込むと同時に、それは新たな記憶として埋没していく道程の第一歩でもあるのだ。
ギャラリー内ではほかに、制作過程を記録した岸本康の映像作品を、併設の「コヒラ・カフェ」では栩山孝と片山みやびの作品をそれぞれ展示する。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190510194541c27d794888da76fa3571e523030b8164&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
ジョルジュ・ギャラリー
アーティスト:ジョルジュ・ルース
作品No.:sd27
料金:500円(パスポート提示で300円)
休業日:
開館時間:10:00-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe
-

執筆者:

関連記事

おおきな曲面のある小屋(sd24)-島田陽

芸術祭2013で、醤の郷に公衆トイレが設置された。周囲の町並みに溶け込むよう、屋根には瓦を採用。また、周囲に多くある大きな杉樽の醤油蔵になじむよう、柔らかな曲線を描いておだやかな空間をつくり出している …

Umaki camp(sd26)-ドットアーキテクツ

芸術祭2013で、老若男女、島の人、観光客を問わず、誰もが建てることに参加できる建物が完成。誰でも自由に使えるキッチンやスタジオ、野菜畑や屋外シアターなどもあり、地域と観光客とのコミュニケーション拠点 …

オーケストラピット/ホワイトミュージアム(sd29)-ローザ・バルバ

小豆島の歴史と地元の醤油産業の発展の軌跡を取り込む作品。島の土地、産業、そして人々。過去と未来を隔てることのない可能性の場所として、これら3つの重要な要素に来訪者の注意をもたらす。苗羽のオリーブ畑には …

漁師の夢(sd32)-入江早耶

漁師は、実は魚の絵のコレクターだった。倉庫の中にはたくさんの魚がコレクションされていた–。彼はきっと魚を神様のようにとらえていて愛していたのではないかと考える。作家は彼の夢見た魚の女神を現 …

ダイナマイト・トラヴァース変奏曲 (sd38)-秩父前衛派

小海にある石切り場跡地で、図形のような独自の楽譜を石に刻んだ作品を展示。 Photo by Miyuki Photo by Miyuki Photo by Miyuki Photo by Miyuki …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »