◆女木島_Megijima

「島の中の小さなお店」プロジェクト ヘアサロン壽(mg06)-宮永愛子

投稿日:

悠久の時、海と潮風のあるヘアサロン
美容院や理髪店、誰しもが時折通う場所。多くが閉ざされた空間である。もし海を見ながら、あるいは潮騒を聞きながらヘアカットしたらどうだろう。その想いを、気化するナフタリンや塩を使ったインスタレーションなどで、時の流れを感得させる作品を発表してきた作家が、美容師の協力を得て、海辺にヘアサロンを作品化する。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.2019052413445433ac338f3ac1e9616f6fdcf321e6e2bd&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1

協力:玉木ひろ子
営業時間̩|会期中金・土・日・隔週月曜日・祝日 13:00-16:30
カット(ブロー込み)3,500円
シャンプー(ドライ込み)1,000円
ブローのみ1,500円
※予約不可、先着順 

【作品データ】
「島の中の小さなお店」プロジェクト ヘアサロン壽
アーティスト:宮永愛子
作品No.:mg06
料金:無料 ※カット料金等別途
休業日:会期中無休
開館時間:13:00-16:30







-◆女木島_Megijima
-

執筆者:

関連記事

BONSAI deepening roots(mg04)-平尾成志×瀬ト内工芸ズ。

3年前、瀬戸内国際芸術祭2016で女木島にて発表した「feel feel BONSAI」。盆栽の過去・現在・未来を「感じる」ということをテーマに、展示・空間・映像・イベント・パフォーマンスなど、さまざ …

「島の中の小さなお店」プロジェクト 世界はどうしてこんなに美しいんだ(mg10)-山下麻衣+小林直人

「世界はどうしてこんなに美しいんだ」という文字が車輪に浮かび上がる自転車で、瀬戸内を走るプロジェクト 誰にでも、困難な時に限って、当たり前のように降り注ぐ陽の光や、緑の木々、夕焼けや星空といった自然現 …

オニノコ瓦プロジェクト(mg19)-オニノコプロダクション

2013年、香川県内の中学生3000人が制作した鬼瓦を鬼ヶ島大洞窟に展示。世代交代した中学生100名が新たな展示と夏会期、秋会期にワークショップを実施する。 Photo by Miyuki 2016 …

「島の中の小さなお店」プロジェクト Café de la Plage/カフェ・ドゥ・ラ・プラージュ(mg05)-ヴェロニク・ジュマール

人々が本を買って、しばらく滞在し、コーヒーや飲み物を飲み、語り合い、本を読み、仕事をするためのフレンドリーなスペースをつくる。 ・ドリンク 300円~・デザート 300円~(ドリンクセットは600円~ …

家船(mg18)-KOURYOU

家族で船に住み、様々な土地を漂流、移動生活をしていた人達がいた。古代から近世まで東アジア一帯に存在した彼らが、漁業を営み生活した船を、瀬戸内海では「家船」と呼んでいたようだ。作品「家船」では、東アジア …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »