◆直島_Naoshima アート作品・美術館(art-museum) 本村エリア(Honmura)

家プロジェクト はいしゃ(na16-B)

投稿日:

その名の通り歯科医院兼住居であった建物を、大竹伸朗が作品化したもの。生活の痕跡を残しつつ、彫刻やスクラップなどが配され、家全体が一つのコラージュ作品になっている。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190506160151dc4fe575897071540b28f6bddcf9571d&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1

家プロジェクト
家プロジェクトは直島・本村において展開するアートプロジェクト。宮島達男による「角屋」(1998年)に始まり、現在7軒を公開している。
現在も生活が営まれる地域で、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、家の空間そのものを作品化。生活空間の中で繰り広げられる来島者と住民との出会いは、さまざまなエピソードを生み出している。

【作品データ】
家プロジェクト はいしゃ
アーティスト:大竹伸朗
作品No.:na16-B
料金:共通チケット(「きんざ」を除く6軒) 1,030円/ワンサイトチケット410円 ※15歳以下は無料
休業日:月曜日 ※祝日の場合は営業、翌日休業
開館時間:10:00~16:30







-◆直島_Naoshima, アート作品・美術館(art-museum), 本村エリア(Honmura)
-, ,

執筆者:

関連記事

彼方の気配 (na23-B)

広木池の水面にいくつかの白い羽のようなオブジェを設置。風を受けて、その羽がまわる。風をとらえて揺れ動き、池周辺の見えない存在を知らせる。 引用:https://setouchi-artfest.jp/ …

The Naoshima Plan 2019「水」(na07-B)

2011年から取り組んでいる「The Naoshima Plan」は、直島にて、個々の建築や街区、水路などを通して島全体の風・水・太陽などの「動く素材」を浮き上がらせ、その美しさや大切さ、新たな価値を …

ANDO MUSEUM(na10-B)

古い町並みの残る本村地区に位置する、安藤忠雄の美術館。外観は古い民家の姿を残しているが、中はコンクリートの空間が広がり、建物そのものが作品となっている。 引用:https://setouchi-art …

BUNRAKU PUPPET(na03)

この島で継承されている直島女文楽の人形の動きや着物の裾さばきに着想を得た立体作品。緑の芝生の上に、青い作品が鮮やかに映える。夜になるとカラフルな光を放ち、昼とはまったく異なる表情を見せる。 引用:ht …

海の駅「なおしま」(na02)

直島の海の玄関である宮浦港のフェリーターミナルは、妹島和世+西沢立衛/SANAAによる設計。透明感のある軽やかな平屋建ては、開放感のあるデザインが特徴的だ。観光案内所やカフェなどがある。 引用:htt …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »