◆沙弥島_Syamijima

香川県立東山魁夷せとうち美術館

投稿日:

坂出市の沙弥島にある「香川県立東山魁夷せとうち美術館」

2005年に開館

香川県では、東山魁夷画伯の祖父が坂出市櫃石島の出身で、本県とゆかりが深いことから、ご遺族より版画作品270点余の寄贈を受け、これら作品を広く鑑賞していただくため、香川県立東山魁夷せとうち美術館を整備しました。
東山画伯提案のライトグレー色の瀬戸大橋が眼前に広がり、万葉のロマン漂う歴史的遺産や、瀬戸内海の美しい自然に囲まれ、心の癒しや憩いの場となる美術館です。
美術館では、画伯と本県とのゆかりを紹介し、様々なテーマで所蔵作品を展示するとともに、他の美術館との連携を図り、画伯や画伯ゆかりの日本画家の作品を展示するなど、東山画伯に関連する多種多様な交流を積極的に推進してまいります。

カフェなぎさは目の前が瀬戸内海がバーンと広がり、 魁夷の祖父が生まれ育った櫃石島を眺望することができます。

このカフェはぜひ利用してみてください。

Photo by Miyuki 2016
Photo by Miyuki

Photo by Miyuki

HP:https://www.pref.kagawa.lg.jp/higashiyama/

【施設データ】
香川県立東山魁夷せとうち美術館
住所:香川県坂出市沙弥島字南通224-13
TEL:0877-44-1333
料金:300円※会期により変動あり
休業日:月曜日(休日の場合は開館、翌日火曜日が休館)
開館時間:9:00~17:00







-◆沙弥島_Syamijima

執筆者:

関連記事

月と塩をめぐる3つの作品(sm06)

沙弥島の上にかかる月と太陽 ソルヴェーグ 記憶の風景 月の舟 柿本人麻呂に捧ぐ 3つのテーマで、旧沙弥中学校の3部屋を使って、作品展開する。 作家の代表作である「月」シリーズに加え、坂出ならではの「柿 …

ピボット(sm07)

学校を視察した際、遊具がないのは寂しいとの思いから遊具(シーソー)を発案。シーソーは実際に遊べるだけでなく、AIを搭載し、来場者は会話も楽しむことができる。会話の内容には、与島地区5島の島民から得た昔 …

階層・地層・層 (sm01)

階層・地層・層/ ターニャ・プレミンガー 瀬戸内国際芸術祭2013からの人気作品。 頂上から見る瀬戸大橋や周辺地域は季節ごとに新鮮に映ります。 Photo by Miyuki Photo by Miy …

そらあみ<島巡り>(sm03)

沙弥島は地元の方の参加協力が盛んなエリアです。 そらあみは2013年から続く作品で、ワークショップでたくさんの方が参加しています。 秋会期は本島でも公開されます。 瀬戸大橋でつながる沙弥島、瀬居島、与 …

12島と港の物語 回遊式アニメーション(sm09)

前回、春:沙弥島、夏:宇野港、秋:本島で回遊式に作品展開をした作品を、春会期に沙弥島に展開。「キノーラ」とは、取っ手を回してパラパラ漫画のように鑑賞できる古典的なアニメーション装置。 以下の写真は瀬戸 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »