◆犬島_Inujima

犬島精錬所美術館(in07-B)-柳幸典

投稿日:

犬島精練所美術館は、近代化産業遺産である銅製錬所の遺構を活用し、自然エネルギーやその土地にある素材を活かした三分一博志の建築と三島由紀夫をモチーフとした柳幸典のアートワークで構成される。「遺産、建築、アート、環境」という要素を複合的に感じることができる美術館である。
自然エネルギーである太陽熱、地熱をはじめ、犬島で採れる石やカラミレンガを使い、環境に負荷を与えないよう設計された空間のなかで、日本の近代化に警鐘を鳴らした三島を題材としたアート作品が折り重なる。現代社会が失ってしまったものを振り返り、これからの未来について大切なことは何かを考えるきっかけとなる場所である。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190405210442a29fe37dfe18bdba3b68f25d59fc493f&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
犬島精錬所美術館
アーティスト:柳幸典
作品No.:in07-B
料金:2,060円 | ※犬島精錬所美術館、犬島 くらしの植物園と共通 | ※15歳以下無料
休業日:火曜日(3/1~11/30) | 火・水・木曜日(12/1~2/28) | ※祝日の場合は開館、翌日休館 | ※月曜日が祝日の場合は、火曜日開館、翌水曜日休館
開館時間:10:00-16:30 (最終入館16:00)







-◆犬島_Inujima
-

執筆者:

関連記事

犬島 くらしの植物園(in09-B)-妹島和世

長く使われていなかったガラスハウスを中心とした約4,500㎡の土地を再生し、犬島の風土や文化に根ざした植物園として展開。完成された場としての見学型の植物園ではなく、島の方々や来訪者とともに土地を開墾し …

石職人の家跡/太古の声を聴くように、昨日の声を聴く(in06-B)-淺井裕介

素材や場所そのものに蓄積された記憶に反応するように、描かれた動植物などの生命力あふれるモチーフが犬島の土地に根差し、さらには敷地を飛び出して集落内の路地にも展開していきます。アーティスティックディレク …

S邸/コンタクトレンズ(in02-B)-荒神明香

透明アクリルの壁が連なる「S邸」に設置された本作品は、大きさや焦点が異なる無数の円形レンズを通して周りの景色の形や大きさが歪んで映し出され、見る人に目に見える世界の多様性を促しています。 アーティステ …

F邸/Biota (Fauna/Flora)(in01-B)-名和晃平

動物や植物を想起させる様々な形のオブジェや多様な物質の表面からなる彫刻など、複数の作品を「F邸」とその坪庭を含む建物全体の空間にダイナミックに展示しています。犬島という場を背景に、新しい生のかたちを表 …

中の谷東屋(in08-B)-妹島和世

アートと島巡りの休憩所として多くの人から親しまれている《中の谷東屋》。鏡面仕上げの円形の屋根は、空や周囲の光景を映し出す。SANAAがデザインを手がけた“ラビットチェア”に座って声や音を発すると、こだ …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »