◆直島_Naoshima アート作品・美術館(art-museum) 本村エリア(Honmura)

家プロジェクト 石橋(na15-B)

投稿日:

かつて製塩業を営んでいた石橋家の母屋と倉を改修し作品化したもの。
文化的景観を代表する建物には、千住博の代表的シリーズ「ザ・フォールズ」と「崖シリーズ」である「空(くう)の庭」が展示されている。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190506160121912e1064c5a6da635fd24f06bf7cf55e&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1

家プロジェクト
家プロジェクトは直島・本村において展開するアートプロジェクト。宮島達男による「角屋」(1998年)に始まり、現在7軒を公開している。
現在も生活が営まれる地域で、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、家の空間そのものを作品化。生活空間の中で繰り広げられる来島者と住民との出会いは、さまざまなエピソードを生み出している。

【作品データ】
家プロジェクト 石橋
アーティスト:千住博
作品No.:na15-B
料金:共通チケット(「きんざ」を除く6軒) 1,030円/ワンサイトチケット410円 ※15歳以下は無料
休業日:月曜日 ※祝日の場合は営業、翌日休業
開館時間:10:00~16:30







-◆直島_Naoshima, アート作品・美術館(art-museum), 本村エリア(Honmura)
-,

執筆者:

関連記事

海の駅「なおしま」(na02)

直島の海の玄関である宮浦港のフェリーターミナルは、妹島和世+西沢立衛/SANAAによる設計。透明感のある軽やかな平屋建ては、開放感のあるデザインが特徴的だ。観光案内所やカフェなどがある。 引用:htt …

地中美術館(na21-B)、地中カフェ、地中ストア

今や世界中のアートファンが目指す場所となった「地中美術館」 現在は入場は事前予約制となっているため、まずはチケットの確保が必要です。 Contents1 地中美術館1.1 クロード・モネ 1.2 ウォ …

家プロジェクト はいしゃ(na16-B)

その名の通り歯科医院兼住居であった建物を、大竹伸朗が作品化したもの。生活の痕跡を残しつつ、彫刻やスクラップなどが配され、家全体が一つのコラージュ作品になっている。 引用:https://setouch …

家プロジェクト きんざ(na17-B)

「きんざ」は古い家屋の構造をそのままに、天井や床を取り払い、外壁や庭を含めた空間そのものを内藤礼が作品化したもの。鑑賞者は15分間、1対1で作品に対峙することができる。(鑑賞には事前の予約が必要。15 …

直島パヴィリオン(na04)

《海の駅「なおしま」》や《赤かぼちゃ》に続き、直島の海の玄関口である宮浦港周辺の新たなランドマークとして設置。27の島々で構成される直島の「28番目の島」というコンセプトで、蜃気楼で海面に浮かぶように …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »