◆直島_Naoshima アート作品・美術館(art-museum) 本村エリア(Honmura)

家プロジェクト 角屋(na11-B)

投稿日:

家プロジェクトの一軒目として公開された「角屋」。
母屋に入ると宮島達男の作品「Sea of Time ’98」に目を奪われる。水の張られたプールの中でLEDデジタルカウンターが光るこの作品は、直島町民がデジタルカウンターのスピードを設定、町民が作品制作に関わる事によって完成した。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.2019050615565198e4950504d3484ec2098ad3254372c5&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1

家プロジェクト
家プロジェクトは直島・本村において展開するアートプロジェクト。宮島達男による「角屋」(1998年)に始まり、現在7軒を公開している。
現在も生活が営まれる地域で、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、家の空間そのものを作品化。生活空間の中で繰り広げられる来島者と住民との出会いは、さまざまなエピソードを生み出している。

【作品データ】
家プロジェクト 角屋
アーティスト:宮島達男
作品No.:na11-B
料金:共通チケット(「きんざ」を除く6軒) 1,030円/ワンサイトチケット410円 ※15歳以下は無料
休業日:月曜日 ※祝日の場合は営業、翌日休業
開館時間:10:00~16:30







-◆直島_Naoshima, アート作品・美術館(art-museum), 本村エリア(Honmura)
-,

執筆者:

関連記事

家プロジェクト はいしゃ(na16-B)

その名の通り歯科医院兼住居であった建物を、大竹伸朗が作品化したもの。生活の痕跡を残しつつ、彫刻やスクラップなどが配され、家全体が一つのコラージュ作品になっている。 引用:https://setouch …

家プロジェクト きんざ(na17-B)

「きんざ」は古い家屋の構造をそのままに、天井や床を取り払い、外壁や庭を含めた空間そのものを内藤礼が作品化したもの。鑑賞者は15分間、1対1で作品に対峙することができる。(鑑賞には事前の予約が必要。15 …

緑川洋一展(na06-B)秋会期のみ

「宮浦ギャラリー六区」にて秋会期に展示予定。 瀬戸内国際芸術祭2013の夏・秋会期の際にも 「宮浦ギャラリー六区」で行われています。 引用:http://benesse-artsite.jp/art/ …

ANDO MUSEUM(na10-B)

古い町並みの残る本村地区に位置する、安藤忠雄の美術館。外観は古い民家の姿を残しているが、中はコンクリートの空間が広がり、建物そのものが作品となっている。 引用:https://setouchi-art …

李禹煥美術館(na20-B)

李禹煥の初の個人美術館。谷あいから海へとつながる地形を活用した建物は安藤忠雄の設計。自然石と鉄板からなる彫刻を配した「照応の広場」や1970年代から今日までの絵画、彫刻を収めた「出会いの間」などがある …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »