◆直島_Naoshima アート作品・美術館(art-museum) 本村エリア(Honmura)

家プロジェクト 角屋(na11-B)

投稿日:

家プロジェクトの一軒目として公開された「角屋」。
母屋に入ると宮島達男の作品「Sea of Time ’98」に目を奪われる。水の張られたプールの中でLEDデジタルカウンターが光るこの作品は、直島町民がデジタルカウンターのスピードを設定、町民が作品制作に関わる事によって完成した。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.2019050615565198e4950504d3484ec2098ad3254372c5&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1

家プロジェクト
家プロジェクトは直島・本村において展開するアートプロジェクト。宮島達男による「角屋」(1998年)に始まり、現在7軒を公開している。
現在も生活が営まれる地域で、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、家の空間そのものを作品化。生活空間の中で繰り広げられる来島者と住民との出会いは、さまざまなエピソードを生み出している。

【作品データ】
家プロジェクト 角屋
アーティスト:宮島達男
作品No.:na11-B
料金:共通チケット(「きんざ」を除く6軒) 1,030円/ワンサイトチケット410円 ※15歳以下は無料
休業日:月曜日 ※祝日の場合は営業、翌日休業
開館時間:10:00~16:30







-◆直島_Naoshima, アート作品・美術館(art-museum), 本村エリア(Honmura)
-,

執筆者:

関連記事

桜の迷宮 (na22)

地中美術館と本村の家プロジェクト間にある広木池や直島ダム周辺を「桜の迷宮」として約130本の桜を植樹。直島に暮らす人々や島を訪れた人たちの花見や散歩、憩いの場として、この場所が活用されることをもくろむ …

ベネッセハウス パーク(na18-B)

安藤建築には珍しい木造建築のホテル。フロント、回廊、中庭などの各所に設けられたアートスペースがある。通常はベネッセハウス宿泊者のみ鑑賞できる杉本博司の作品やアートスペースを芸術祭開催中に限りツアー形式 …

海の駅「なおしま」(na02)

直島の海の玄関である宮浦港のフェリーターミナルは、妹島和世+西沢立衛/SANAAによる設計。透明感のある軽やかな平屋建ては、開放感のあるデザインが特徴的だ。観光案内所やカフェなどがある。 引用:htt …

彼方の気配 (na23-B)

広木池の水面にいくつかの白い羽のようなオブジェを設置。風を受けて、その羽がまわる。風をとらえて揺れ動き、池周辺の見えない存在を知らせる。 引用:https://setouchi-artfest.jp/ …

直島港ターミナル(na09)

小さな高速艇が止まる本村にある直島港ターミナルは、船を待つ人のために待合所、駐輪所、トイレが整備されている。島に住んでいる人も、島を初めて訪れる人もすぐわかるように街のラウンドマークになるように考えら …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »