◆女木島_Megijima

カモメの駐車場(mg01)-木村崇人

投稿日:

フェリーが女木港に近づくと、防波堤にずらりと並んだ約300羽のカモメが見えてくる。本物のカモメと同様、このオブジェも風が吹くといっせいに方向を変える。つまり風の流れとカモメの群れの習性を視覚化した作品だ。カモメは複数の防波堤に並んでいる。また2013年の芸術祭で、木村がデザイン監修した新たな防潮堤が登場した。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
カモメの駐車場
アーティスト:木村崇人
作品No.:mg01
料金:無料
休業日:無休
開館時間:屋外展示作品







-◆女木島_Megijima
-

執筆者:

関連記事

「島の中の小さなお店」プロジェクト 世界はどうしてこんなに美しいんだ(mg10)-山下麻衣+小林直人

「世界はどうしてこんなに美しいんだ」という文字が車輪に浮かび上がる自転車で、瀬戸内を走るプロジェクト 誰にでも、困難な時に限って、当たり前のように降り注ぐ陽の光や、緑の木々、夕焼けや星空といった自然現 …

MEGI HOUSE(mg03)-愛知県立芸術大学瀬戸内アートプロジェクトチーム

「週末はMEGI HOUSE」をコンセプトに、MEGI HOUSEを舞台に様々な展示やイベントを開催する。 引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fil …

「島の中の小さなお店」プロジェクト 的屋(mg12)-長谷川仁

女木島ならではの的屋を作ります。この地で取れるもの(地物)にこだわってそれらに手を加えて商品にしていきます。海岸で拾ったものに手を加えヨーヨー釣りの景品を作り、女木島の猫をモデルにお面を作り、瀬戸内の …

家船(mg18)-KOURYOU

家族で船に住み、様々な土地を漂流、移動生活をしていた人達がいた。古代から近世まで東アジア一帯に存在した彼らが、漁業を営み生活した船を、瀬戸内海では「家船」と呼んでいたようだ。作品「家船」では、東アジア …

不在の存在(mg15-B)-レアンドロ・エルリッヒ

改装した空家に、2点の作品とともに図書室とレストランが併設されている。アーティスト、レアンドロ・エルリッヒは、この家をはじめて訪れたとき、そこに残る生活の痕跡に強く感銘を受け、その痕跡を再構築しようと …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »