◆沙弥島_Syamijima 瀬居島 Seijima

神戸芸術工科大学アートプロジェクト2019@瀬居島(4/26~5/26)

投稿日:

神戸芸術工科大学アートプロジェクト2019

瀬戸内国際芸術祭の会場となっている沙弥島と同じく、約半世紀前に番の州臨海工業団地の造成により四国本土と陸続きとなった『瀬居島』の魅力を多くの方に知ってもらうため、瀬戸内国際芸術祭2013、2016に参加した神戸芸術工科大学が、『瀬居島』に舞台を移し、空き家、堤防、ゲートボール場などを利用し、現代美術、絵画、デザイン、建築の分野を超えたアートプロジェクトを展開します。

引用:https://www.city.sakaide.lg.jp/uploaded/image/14514.jpg

瀬戸内国際芸術祭2019の春会期エリアの沙弥島からすぐ近くの瀬居島でこのプロジェクトが行われています。

期間は4/26~5/26、10:00~16:30です。

臨時駐車場や坂出駅発のシャトルバスもあります。

沙弥島と同じく元々島だったところで、工業地帯の近くにありながらゆったりとした時間が流れるいいところでした。

瀬戸内国際芸術祭で沙弥島に訪れるならぜひ併せて周ることをおすすめします。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki

①しましまのうみ/中山玲佳

“しましま”とは歴史が連なってできる層また縞柄を意味している。防波堤建設に伴い遮られた、海や浜の風景をそこに暮らす住民と共働で描くことで、失われた景色を取り戻す。
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki

② 先祖宮/かわいひろゆき

瀬居はお大師さまとともに生きる町。この地特有の盆灯籠に使われる白い蓮花1000個を生活の痕跡が残る古民家にインスタレーションし、過去と現在と未来の生命が出会う静謐な時空間を創出する。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki

③ 千年の星空/戸矢崎満雄

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki

千年前にもそこにあった‘星空’。千年先もそこにあると願う‘星空’。空き家となった古民家の屋根裏部屋に、数千個の貝ボタンを浮かべ、光を失う暗い空間に‘星屑’が出現する。

Photo by Miyuki

④ 島影と面影/尹智博

与島五島の「島影」をワイヤーフレームモデルで構築する。そのモデルに光を当てると影によって瀬戸内海で過ごした人々の「面影」が描き出される。島や人々の記憶について思いを馳せる。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki

⑤ 空と海のゲート/藤山哲朗

使われなくなったゲートボール場に残る選手用ベンチの骨組み。そこに最小限加えられた2枚のプレートが、視覚のゲートとなり港と海の景観を切取る。見過ごされがち景色が、少しだけ意識に留まります。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki







-◆沙弥島_Syamijima, 瀬居島 Seijima
-

執筆者:

関連記事

階層・地層・層 (sm01)

階層・地層・層/ ターニャ・プレミンガー 瀬戸内国際芸術祭2013からの人気作品。 頂上から見る瀬戸大橋や周辺地域は季節ごとに新鮮に映ります。 Photo by Miyuki Photo by Miy …

月と塩をめぐる3つの作品(sm06)

沙弥島の上にかかる月と太陽 ソルヴェーグ 記憶の風景 月の舟 柿本人麻呂に捧ぐ 3つのテーマで、旧沙弥中学校の3部屋を使って、作品展開する。 作家の代表作である「月」シリーズに加え、坂出ならではの「柿 …

フードクラブ(sm04)

イランからの「移民」の人々が発明していたかもしれない「日本+イラン食」を実験的に発明する。観客や地元の人と共にメニューを開発し、「料理実験室」のような空間を展開。 引用:https://setouch …

そらあみ<島巡り>(sm03)

沙弥島は地元の方の参加協力が盛んなエリアです。 そらあみは2013年から続く作品で、ワークショップでたくさんの方が参加しています。 秋会期は本島でも公開されます。 瀬戸大橋でつながる沙弥島、瀬居島、与 …

香川県立東山魁夷せとうち美術館

坂出市の沙弥島にある「香川県立東山魁夷せとうち美術館」 2005年に開館 香川県では、東山魁夷画伯の祖父が坂出市櫃石島の出身で、本県とゆかりが深いことから、ご遺族より版画作品270点余の寄贈を受け、こ …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »