◆小豆島_Shodoshima 港・フェリー(Ferry) 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe

草壁港→フェリー時刻表

投稿日:2019-05-19 更新日:

草壁港から行ける港

草壁港からは高松港まで行くことができます。

→高松港

旅客線ブルーライン、撮影は高松港 Photo by Miyuki
 草壁発→高松着
フェリー07:5008:50
フェリー10:5011:50
フェリー13:3014:30
フェリー16:1517:15
フェリー19:00※20:00

※19:00草壁港発の便は平日は自転車、バイク、車の乗船はできますが、人のみの乗船はできません。日曜祝日は人のみでも乗船可能です。

内海フェリーHP: https://www.uchinomi-ferry.co.jp/







-◆小豆島_Shodoshima, 港・フェリー(Ferry), 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe

執筆者:

関連記事

過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる(sd15)-鹿田義彦

小豆島の地勢をモチーフに、過去・現在・未来を捉え直すきっかけを創出する。日本三大渓谷の一つ「寒霞渓」の古葉書の写真と、今の姿の写真を重ね合わせ、「いま、ここ」の認識を揺さぶる。そして、雪が降り積もった …

Cafe Rest サクラヰ

小豆島の二十四の瞳映画村の近くにある飲食店です。 小豆島のご当地グルメの「ひしお丼」が食べられるお店で、珍しい「ローストビーフのひしお丼」が置いてあります。 「ひしお丼」は小豆島商工会と旅行雑誌の「じ …

再び ・・・(sd03)-キム・キョンミン

目で見て感じる音をテーマに制作しています。今回は、小豆島の空間に対して芽生えた感情を言葉にし、その言葉を想像の水の中に落とすことで、その空間とつながる水の動きをイメージし「再び…」と言うテーマにした。 …

エレメント(sd17)-志水児王

生産や役割を終え、全てが静止している様に見える工場。作家はこの場に固有の運動パターンを持ち込み、通常では知覚する事のできない現象を抽出することによって、静止していた空間を新たな循環モデルとして再起動す …

つぎつぎきんつぎ(sd22)-岸本真之

不要になった陶磁器を集め、「金つぎ」という修復技法を参照した手法でつなぎ合わせた立体作品。島の人たちの思い出の品を作品としてよみがえらせる試みだ。 ※この作品は「迷路のまちエリア」と「草壁港エリア」の …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »