◆男木島_Ogijima

記憶のボトル(og13)

投稿日:

島の人たちの思い出をボトルに封入し、小さなあかりをともす作品。

今は男木島で人気ナンバーワンとも言われる作品です。

島民の皆さんから思い出の写真や物を提供してもらい、それをボトルに詰め込んでいます。

LEDライトで照らしています。

男木島全体に言えることですが、作品施設のキャパが少ないため混雑時にはスムーズに回れない可能性がありますので、行きたいところから回っていくことをおすすめします。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
記憶のボトル
アーティスト:栗真由美
作品No.:og13
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-16:15







-◆男木島_Ogijima
-

執筆者:

関連記事

自転-公転(og12)-リン・ティェンミャオ(林天苗)

空家でインスタレーションを展開。古い日用品や道具など機能を失ったものを骨組でつなぎ合わせ、抽象的なフォルムを造形。新たな色を重ね、それらのオブジェをモーターで動かし、ものに動きを与える。そうすることで …

男木島 路地壁画プロジェクト wallalley(og05)

「wallalley」とは「wall(壁)」と「alley(路地)」を組み合わせた造語。島で集めた廃材や廃船などに風景のシルエットをカラフルに描き、民家の外壁に設置した作品だ。もはや島の景観の一部とな …

タコツボル(og02)

2013年に開催された瀬戸内国際芸術祭以降、男木島にはU・Iターン移住者が増加している。その多くは子育て世代で、子供が増えたことにより2014年に男木小中学校が、2016年には男木保育所が、休校状態を …

未知の作品2019(og09)-グレゴール・シュナイダー

グレゴール・シュナイダーは、男木島で失われていく家を扱います。彼は自分自身を隔離する作品が、自分のやり方だと言っています。 過去の強い出来事を問う場所を探し、しかしその出来事自体は存在しません。彼は作 …

アキノリウム(og08)

建物の1階を「影絵の展示会場Sound Theater」とし、自動演奏をするサウンドオブジェの影絵を映し出す。また、2階の「サウンドオブジェ屋敷」では、天井裏と床に数多くのサウンドオブジェを設置、立体 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »