◆男木島_Ogijima

記憶のボトル(og13)

投稿日:

島の人たちの思い出をボトルに封入し、小さなあかりをともす作品。

今は男木島で人気ナンバーワンとも言われる作品です。

島民の皆さんから思い出の写真や物を提供してもらい、それをボトルに詰め込んでいます。

LEDライトで照らしています。

男木島全体に言えることですが、作品施設のキャパが少ないため混雑時にはスムーズに回れない可能性がありますので、行きたいところから回っていくことをおすすめします。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
記憶のボトル
アーティスト:栗真由美
作品No.:og13
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-16:15







-◆男木島_Ogijima
-

執筆者:

関連記事

SEA VINEー波打ち際にてー(og10)-高橋治希

前回までのSEA VINEを踏襲しながら、今回新たなSEA VINE−波打ち際にて−を制作します。窓の外に見える瀬戸内海が室内で陶磁器の波に変容して、波打ち際として足下に広がります。打ち寄せる波は、瀬 …

男木島の魂(og01)

船で島に来た人を迎える、港の半透明の空間。屋根にはさまざまな文字が組み合わされ、日中はその影が地面に映る。 引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fil …

生成するウォールドローイング -日本家屋のために(og03)

かつては商店だった築90年の建物、その内壁を埋めつくす壁画を発表。男木島に育つ植物をモチーフに、2種類の制作手法を駆使する。廃屋内にまるでツタが這うように、成長するドローイング。村山自身による現地制作 …

オンバ・ファクトリー(og06)、オンバカフェ

Contents1 オンバ・ファクトリー2 オンバ・カフェ オンバ・ファクトリー 坂道や細い路地が多い男木島では、オンバ(乳母車)が必須品である。島の人たちのオンバにカラフルなペイントや装飾を施し、日 …

Trieb-家(og11)-遠藤利克

人が去り残された家というものは、かつて暮らしていた住人の心的状況を濃密に残留させ、家それ自体が記憶の装置と化して踏み込む者を圧倒する。今回、作品設置空間として与えられた場所は、朽ち果てた一軒の民家であ …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »