◆男木島_Ogijima

記憶のボトル(og13)

投稿日:

島の人たちの思い出をボトルに封入し、小さなあかりをともす作品。

今は男木島で人気ナンバーワンとも言われる作品です。

島民の皆さんから思い出の写真や物を提供してもらい、それをボトルに詰め込んでいます。

LEDライトで照らしています。

男木島全体に言えることですが、作品施設のキャパが少ないため混雑時にはスムーズに回れない可能性がありますので、行きたいところから回っていくことをおすすめします。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
記憶のボトル
アーティスト:栗真由美
作品No.:og13
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-16:15







-◆男木島_Ogijima
-

執筆者:

関連記事

SEA VINEー波打ち際にてー(og10)-高橋治希

前回までのSEA VINEを踏襲しながら、今回新たなSEA VINE−波打ち際にて−を制作します。窓の外に見える瀬戸内海が室内で陶磁器の波に変容して、波打ち際として足下に広がります。打ち寄せる波は、瀬 …

漆の家(og14)

地元の漆芸家たちが参加し、木造家屋を香川の伝統的な漆芸技法で改装。黒、白、赤、青など色彩豊かな香川漆芸の特徴に触れ、その奥深さが体感できる。玄関正面の5技法パネルも見逃せない。 引用:https:// …

オンバ・ファクトリー(og06)、オンバカフェ

Contents1 オンバ・ファクトリー2 オンバ・カフェ オンバ・ファクトリー 坂道や細い路地が多い男木島では、オンバ(乳母車)が必須品である。島の人たちのオンバにカラフルなペイントや装飾を施し、日 …

自転-公転(og12)-リン・ティェンミャオ(林天苗)

空家でインスタレーションを展開。古い日用品や道具など機能を失ったものを骨組でつなぎ合わせ、抽象的なフォルムを造形。新たな色を重ね、それらのオブジェをモーターで動かし、ものに動きを与える。そうすることで …

生成するウォールドローイング -日本家屋のために(og03)

かつては商店だった築90年の建物、その内壁を埋めつくす壁画を発表。男木島に育つ植物をモチーフに、2種類の制作手法を駆使する。廃屋内にまるでツタが這うように、成長するドローイング。村山自身による現地制作 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

  • 犬島港→フェリー時刻表 犬島港から行ける港 ④犬島港→家浦港(豊島)→宮浦(直島)時刻表 犬島チケットセンター切...
  • 宝伝港→フェリー時刻表 宝伝港から行ける港 宝伝港からは犬島へ行くことができます。その他犬島へは宮浦(直島)→家浦(豊島)から...
  • 迷路のまち~変幻自在の路地空間~(sd04)-目 前回の芸術祭で、元たばこ屋の建物を改装して回遊型インスタレーションを発表したアートユニットの目が新たな作品...
  • あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液) あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液)/ピピロッティ・リスト 「島キッチン」と同敷地内に...
  • 結―ISHIYA かつて石材業を営んでいた邸宅を改装した日本家屋の宿。 Room A (和室): 22,000 円~R...
  • 大島→フェリー時刻表 大島から行ける港 大島からは高松港(約20分)、男木島(約15分)へ行くことができます。 高松港...
  • 花寿波島の秘密(sd09)-康夏奈 三都半島の沖に浮かぶ無人島、花寿波島。このとても小さな島をモチーフとした陸と海の絵画を描き、十六角形の逆円...
  • ARUEI 家浦港から徒歩5分。 豊島横尾館の近くにあります。 豊島で採れた食材を中心に丁寧でしっかりとした...
  • 家プロジェクト きんざ(na17-B) 「きんざ」は古い家屋の構造をそのままに、天井や床を取り払い、外壁や庭を含めた空間そのものを内藤礼が作品化した...
  • トムナフーリ 2010年の瀬戸内国際芸術祭からの作品。 今回の瀬戸内国際芸術祭2019では土曜日のナイトプログラムの...
Translate »