◆男木島_Ogijima

未知の作品2019(og09)-グレゴール・シュナイダー

投稿日:

グレゴール・シュナイダーは、男木島で失われていく家を扱います。
彼は自分自身を隔離する作品が、自分のやり方だと言っています。 過去の強い出来事を問う場所を探し、しかしその出来事自体は存在しません。
彼は作品の中で、自分自身でも知らないことを実現しようとしています。彼は自由に行動することに興味を持ち、思考より行動を重視し、作品では特に何かを目指すことができない経験に人を導くことを重要視します。
グレゴール・シュナイダーは不在を与え、存在を優先させず、知られていることより未知を好みます。自分の作品について、知覚と知識のメカニズムに従って、まるで自分の脳内の層とよろい戸をさまよっているかのようであると述べています。

※夏・秋会期公開作品です。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190413185438e18e3b3e88241c8d5a63111db1880995&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
未知の作品2019
アーティスト:グレゴール・シュナイダー
作品No.:og09
料金:無料
休業日:無休
開館時間:屋外展示作品







-◆男木島_Ogijima
-

執筆者:

関連記事

生成するウォールドローイング -日本家屋のために(og03)

かつては商店だった築90年の建物、その内壁を埋めつくす壁画を発表。男木島に育つ植物をモチーフに、2種類の制作手法を駆使する。廃屋内にまるでツタが這うように、成長するドローイング。村山自身による現地制作 …

アキノリウム(og08)

建物の1階を「影絵の展示会場Sound Theater」とし、自動演奏をするサウンドオブジェの影絵を映し出す。また、2階の「サウンドオブジェ屋敷」では、天井裏と床に数多くのサウンドオブジェを設置、立体 …

Trieb-家(og11)-遠藤利克

人が去り残された家というものは、かつて暮らしていた住人の心的状況を濃密に残留させ、家それ自体が記憶の装置と化して踏み込む者を圧倒する。今回、作品設置空間として与えられた場所は、朽ち果てた一軒の民家であ …

自転-公転(og12)-リン・ティェンミャオ(林天苗)

空家でインスタレーションを展開。古い日用品や道具など機能を失ったものを骨組でつなぎ合わせ、抽象的なフォルムを造形。新たな色を重ね、それらのオブジェをモーターで動かし、ものに動きを与える。そうすることで …

歩く方舟(og16)

旧約聖書に出てくるノアの方舟のエピソードに想を得た立体作品を海のそばに設置。海や空に溶け込むよう、白と青に着色した4つの山がある方舟が、海を渡ろうと歩くさまを視覚化する。いわきに向かって歩き出し、災禍 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »