◆男木島_Ogijima

未知の作品2019(og09)-グレゴール・シュナイダー

投稿日:

グレゴール・シュナイダーは、男木島で失われていく家を扱います。
彼は自分自身を隔離する作品が、自分のやり方だと言っています。 過去の強い出来事を問う場所を探し、しかしその出来事自体は存在しません。
彼は作品の中で、自分自身でも知らないことを実現しようとしています。彼は自由に行動することに興味を持ち、思考より行動を重視し、作品では特に何かを目指すことができない経験に人を導くことを重要視します。
グレゴール・シュナイダーは不在を与え、存在を優先させず、知られていることより未知を好みます。自分の作品について、知覚と知識のメカニズムに従って、まるで自分の脳内の層とよろい戸をさまよっているかのようであると述べています。

※夏・秋会期公開作品です。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190413185438e18e3b3e88241c8d5a63111db1880995&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
未知の作品2019
アーティスト:グレゴール・シュナイダー
作品No.:og09
料金:無料
休業日:無休
開館時間:屋外展示作品







-◆男木島_Ogijima
-

執筆者:

関連記事

うちの海 うちの見(og04)

光と影の海景-光の海で、作家は瀬戸内海に囲まれた男木島の歴史を反映させる。外界から導かれた鑑賞者は、座るように誘われ瞑想する。瀬戸内の典型的な光が浮遊空間に放たれ、タコの巨大な触手が壁を抱くように撫で …

Trieb-家(og11)-遠藤利克

人が去り残された家というものは、かつて暮らしていた住人の心的状況を濃密に残留させ、家それ自体が記憶の装置と化して踏み込む者を圧倒する。今回、作品設置空間として与えられた場所は、朽ち果てた一軒の民家であ …

男木島 路地壁画プロジェクト wallalley(og05)

「wallalley」とは「wall(壁)」と「alley(路地)」を組み合わせた造語。島で集めた廃材や廃船などに風景のシルエットをカラフルに描き、民家の外壁に設置した作品だ。もはや島の景観の一部とな …

アキノリウム(og08)

建物の1階を「影絵の展示会場Sound Theater」とし、自動演奏をするサウンドオブジェの影絵を映し出す。また、2階の「サウンドオブジェ屋敷」では、天井裏と床に数多くのサウンドオブジェを設置、立体 …

The Space Flower・Dance・Ring(宇宙華・舞・環)(og07)

川島猛がニューヨークで20世紀後半に作っていたキャンパスの下絵に、2016年帰国後加筆した作品群(宇宙シリーズ)。2001年のアタック以来長年主にモノクロームのカレード・スコープを数百点制作してきたが …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »