◆男木島_Ogijima

未知の作品2019(og09)-グレゴール・シュナイダー

投稿日:

グレゴール・シュナイダーは、男木島で失われていく家を扱います。
彼は自分自身を隔離する作品が、自分のやり方だと言っています。 過去の強い出来事を問う場所を探し、しかしその出来事自体は存在しません。
彼は作品の中で、自分自身でも知らないことを実現しようとしています。彼は自由に行動することに興味を持ち、思考より行動を重視し、作品では特に何かを目指すことができない経験に人を導くことを重要視します。
グレゴール・シュナイダーは不在を与え、存在を優先させず、知られていることより未知を好みます。自分の作品について、知覚と知識のメカニズムに従って、まるで自分の脳内の層とよろい戸をさまよっているかのようであると述べています。

※夏・秋会期公開作品です。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190413185438e18e3b3e88241c8d5a63111db1880995&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
未知の作品2019
アーティスト:グレゴール・シュナイダー
作品No.:og09
料金:無料
休業日:無休
開館時間:屋外展示作品







-◆男木島_Ogijima
-

執筆者:

関連記事

男木島の魂(og01)

船で島に来た人を迎える、港の半透明の空間。屋根にはさまざまな文字が組み合わされ、日中はその影が地面に映る。 引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fil …

歩く方舟(og16)

旧約聖書に出てくるノアの方舟のエピソードに想を得た立体作品を海のそばに設置。海や空に溶け込むよう、白と青に着色した4つの山がある方舟が、海を渡ろうと歩くさまを視覚化する。いわきに向かって歩き出し、災禍 …

SEA VINEー波打ち際にてー(og10)-高橋治希

前回までのSEA VINEを踏襲しながら、今回新たなSEA VINE−波打ち際にて−を制作します。窓の外に見える瀬戸内海が室内で陶磁器の波に変容して、波打ち際として足下に広がります。打ち寄せる波は、瀬 …

青空を夢見て(og17)

男木小・中学校の体育館の正面に、刺繍されたように見える雲と青い空が出現。作者が島を訪れた際、強烈に感激した瀬戸内の青い空と光がイメージの源になっている。子供たちに詩的な体験をさせたいとの願いの表れでも …

男木島 路地壁画プロジェクト wallalley(og05)

「wallalley」とは「wall(壁)」と「alley(路地)」を組み合わせた造語。島で集めた廃材や廃船などに風景のシルエットをカラフルに描き、民家の外壁に設置した作品だ。もはや島の景観の一部とな …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »