◆直島_Naoshima アート作品・美術館(art-museum) 本村エリア(Honmura)

家プロジェクト 南寺(na13-B)

投稿日:

直島の歴史と文化の中心地であり、南寺と呼ばれるお寺があった場所に建てられた安藤忠雄による木造建築、「南寺」。
内部にはジェームズ・タレルの作品「バックサイド・オブ・ザ・ムーン」が設置されている。

※入場人数制限、整理券配付ありのため、まずはここの整理券を取ってから他の作品を周ることをオススメします。

またベネッセハウス宿泊の方はチェックイン時に予約が取れます。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.201905070711502f955a3b546cd9be825568fcba94cb2b&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1

家プロジェクト
家プロジェクトは直島・本村において展開するアートプロジェクト。
宮島達男による「角屋」(1998年)に始まり、現在7軒を公開している。現在も生活が営まれる地域で、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、家の空間そのものを作品化。生活空間の中で繰り広げられる来島者と住民との出会いは、さまざまなエピソードを生み出している。

【作品データ】
家プロジェクト 南寺
アーティスト:ジェームズ・タレル
作品No.:na13-B
料金:共通チケット(「きんざ」を除く6軒) 1,030円/ワンサイトチケット410円 ※15歳以下は無料
休業日:月曜日 ※祝日の場合は営業、翌日休業
開館時間:10:00~16:30







-◆直島_Naoshima, アート作品・美術館(art-museum), 本村エリア(Honmura)
-,

執筆者:

関連記事

李禹煥美術館(na20-B)

李禹煥の初の個人美術館。谷あいから海へとつながる地形を活用した建物は安藤忠雄の設計。自然石と鉄板からなる彫刻を配した「照応の広場」や1970年代から今日までの絵画、彫刻を収めた「出会いの間」などがある …

家プロジェクト 角屋(na11-B)

家プロジェクトの一軒目として公開された「角屋」。母屋に入ると宮島達男の作品「Sea of Time ’98」に目を奪われる。水の張られたプールの中でLEDデジタルカウンターが光るこの作品は、直島町民が …

The Naoshima Plan 2019「水」(na07-B)

2011年から取り組んでいる「The Naoshima Plan」は、直島にて、個々の建築や街区、水路などを通して島全体の風・水・太陽などの「動く素材」を浮き上がらせ、その美しさや大切さ、新たな価値を …

彼方の気配 (na23-B)

広木池の水面にいくつかの白い羽のようなオブジェを設置。風を受けて、その羽がまわる。風をとらえて揺れ動き、池周辺の見えない存在を知らせる。 引用:https://setouchi-artfest.jp/ …

家プロジェクト 石橋(na15-B)

かつて製塩業を営んでいた石橋家の母屋と倉を改修し作品化したもの。文化的景観を代表する建物には、千住博の代表的シリーズ「ザ・フォールズ」と「崖シリーズ」である「空(くう)の庭」が展示されている。 引用: …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »