◆直島_Naoshima アート作品・美術館(art-museum) 本村エリア(Honmura)

The Naoshima Plan 2019「水」(na07-B)

投稿日:

2011年から取り組んでいる「The Naoshima Plan」は、直島にて、個々の建築や街区、水路などを通して島全体の風・水・太陽などの「動く素材」を浮き上がらせ、その美しさや大切さ、新たな価値を再認識してもらう試みである。
The Naoshima Plan 2019 「水」は、直島の本村地区にある旧家のリサーチを兼ねた体感型パヴィリオンからなる建築展である。
この旧家は本村集落の中心に位置し、江戸期には廻船業、明治期には郵便局として島民に親しまれてきた。
南北の庭と南北の続き間など、三分一が指摘した「集落の風のリレー」を可能にする本村の家屋の特徴を色濃く現代に残しているものの一つである。
これまで三分一は2013年には「風と水のコクピット」、2016年「直島ホール」と「直島の家−またべえ」公・民2つの建築では、主に屋根など建物上部を利用した空気と水の流れに着目し実践してきた。
今回の「水」は、建物下部の「動く素材」に着目し、新たに床や土地、地下水脈(井戸)利用と空気の流れに取り組むものである。
古くから本村には井戸水を集落の共有資源として大切に利用する「水のリレー」という美しい考え方が存在していた。
水を介した交流(井戸端)が再生され、水を中心とした「地球内部の動く素材」の価値を再認識できる場所にしたいと考えている。
引用: https://goo.gl/maps/NB3rMrCFjpdriYj6A
引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190520162455cf82254a0e55228a07b23395e58d2822&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
The Naoshima Plan 2019「水」
アーティスト:三分一博志
作品No.:na07-B
料金:無料
休業日:月曜日 ※祝日の場合は営業、翌日休業、会期外は休館
開館時間:10:00~16:30







-◆直島_Naoshima, アート作品・美術館(art-museum), 本村エリア(Honmura)
-

執筆者:

関連記事

南瓜(黄かぼちゃ)

 草間彌生『南瓜』 直島のアートといえば真っ先に浮かぶのが「赤かぼちゃ」「黄かぼちゃ」という方が多いと思います。 「赤かぼちゃ」は宮浦港、この「黄かぼちゃ」はベネッセハウス近くのビーチにあります。 引 …

家プロジェクト 南寺(na13-B)

直島の歴史と文化の中心地であり、南寺と呼ばれるお寺があった場所に建てられた安藤忠雄による木造建築、「南寺」。内部にはジェームズ・タレルの作品「バックサイド・オブ・ザ・ムーン」が設置されている。 ※入場 …

家プロジェクト 護王神社(na12-B)

本村で江戸時代から祀られてきた神社を改築にあわせ、現代美術家の杉本博司が、自身の歴史観や美意識に基づいて設計したもの。作品のタイトル「Appropriate Proportion」には、神が宿るにふさ …

李禹煥美術館(na20-B)

李禹煥の初の個人美術館。谷あいから海へとつながる地形を活用した建物は安藤忠雄の設計。自然石と鉄板からなる彫刻を配した「照応の広場」や1970年代から今日までの絵画、彫刻を収めた「出会いの間」などがある …

赤かぼちゃ(na01)

フェリーが宮浦港に近づくと、真っ先に目に入るアート作品。作家自身はこの作品について「太陽の『赤い光』を宇宙の果てまで探してきて、それは直島の海の中で赤カボチャに変身してしまった」と語る。 引用:htt …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »