◆直島_Naoshima アート作品・美術館(art-museum) 本村エリア(Honmura)

直島港ターミナル(na09)

投稿日:

小さな高速艇が止まる本村にある直島港ターミナルは、船を待つ人のために待合所、駐輪所、トイレが整備されている。
島に住んでいる人も、島を初めて訪れる人もすぐわかるように街のラウンドマークになるように考えられている。海の駅「なおしま」が水平に広がるラウンドマークだとしたら、本村の小さな住宅が集まる街の中にあるため、立体的なラウンドマークになるように直径4mの球を13個積み上げ高さ約8mの建物になっている。
 球はFRP(繊維強化プラスチック)で半透明になっているため、外からの光が建物全体に入り、ふんわりと明るく気持ちいい空間になっている。
  来島者にとってわかりやすく港全体のシンボルとなり船を待つ人々の待合所としてだけでなく、人々の憩いの場所となるように建てられている。

Photo by Miyuki
【作品データ】
直島港ターミナル
アーティスト:妹島和世
作品No.:na09
料金:無料
休業日:無休
開館時間:屋外作品







-◆直島_Naoshima, アート作品・美術館(art-museum), 本村エリア(Honmura)
-

執筆者:

関連記事

ANDO MUSEUM(na10-B)

古い町並みの残る本村地区に位置する、安藤忠雄の美術館。外観は古い民家の姿を残しているが、中はコンクリートの空間が広がり、建物そのものが作品となっている。 引用:https://setouchi-art …

家プロジェクト 角屋(na11-B)

家プロジェクトの一軒目として公開された「角屋」。母屋に入ると宮島達男の作品「Sea of Time ’98」に目を奪われる。水の張られたプールの中でLEDデジタルカウンターが光るこの作品は、直島町民が …

ベネッセハウス パーク(na18-B)

安藤建築には珍しい木造建築のホテル。フロント、回廊、中庭などの各所に設けられたアートスペースがある。通常はベネッセハウス宿泊者のみ鑑賞できる杉本博司の作品やアートスペースを芸術祭開催中に限りツアー形式 …

家プロジェクト きんざ(na17-B)

「きんざ」は古い家屋の構造をそのままに、天井や床を取り払い、外壁や庭を含めた空間そのものを内藤礼が作品化したもの。鑑賞者は15分間、1対1で作品に対峙することができる。(鑑賞には事前の予約が必要。15 …

直島パヴィリオン(na04)

《海の駅「なおしま」》や《赤かぼちゃ》に続き、直島の海の玄関口である宮浦港周辺の新たなランドマークとして設置。27の島々で構成される直島の「28番目の島」というコンセプトで、蜃気楼で海面に浮かぶように …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »