◆小豆島_Shodoshima 三都半島エリア_Mitohanto

自然の目「大地から」(sd11)-フリオ・ゴヤ

投稿日:

古民家の敷地内にある2本のイブキの木を利用して、ツリーハウスを設置する。炎のような枝ぶりのイブキの大木は、島の大地に根を張り、太陽に向かって幹を伸ばし、台風などの被害から家屋や人間を護る防風林として機能してきた。この生きている樹木を土台にして作るツリーハウス≪自然の目、大地から≫は人間が自然に寄り添い、風や波の音を感じ、海岸沿いの防波堤の先に広がる瀬戸内海と豊島、大島、男木島の島々がつくる雄大な景色と豊かな自然の風景を眺望、体感できるスポットとなる。また、樹木のフォルムを活かしたブランコも作り、大人や子どもも楽しめる自然を感じる場を提供したい。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190510191217464d6af25ab12ba52a237baa97abd3c5&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
自然の目「大地から」
アーティスト:フリオ・ゴヤ
作品No.:sd11
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 三都半島エリア_Mitohanto
-

執筆者:

関連記事

葺田パヴィリオン(sd35)-西沢立衛

福田体育館と隣接する葺田八幡神社境内にあるパヴィリオン。カーブした二枚の鋼板が重なり合って、端部が互いに溶接されることで、お互いにお互いを拘束し合って形が成り立っている。二枚の鋼板の間に生まれた空間が …

潮耳荘(sd16)-広島市立大学芸術学部有志

伊東敏光+康夏奈+広島市立大学芸術学部有志古材を用いて大型の立体作品を制作。海に向かってホルンのような形の集音器が出ていて、内部空間全体に海の音が響く構造だ。 引用:https://setouchi- …

草壁港→フェリー時刻表

Contents1 草壁港から行ける港2 →高松港 草壁港から行ける港 草壁港からは高松港まで行くことができます。 →高松港 旅客線ブルーライン、撮影は高松港 Photo by Miyuki &nbs …

つぎつぎきんつぎ(sd22)-岸本真之

不要になった陶磁器を集め、「金つぎ」という修復技法を参照した手法でつなぎ合わせた立体作品。島の人たちの思い出の品を作品としてよみがえらせる試みだ。 ※この作品は「迷路のまちエリア」と「草壁港エリア」の …

辿り着く向こう岸ーシャン・ヤンの航海企画展(sd20)-シャン・ヤン

「舟」は東西洋の文化にそれぞれの強い意味がある。仏教では、人間は舟に乗って苦しみの海を渡り、道教では、舟は出世するための乗り物である。西方の宗教にも世界の生き物を救う船の物語が存在する。60年代後半、 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »