◆小豆島_Shodoshima 三都半島エリア_Mitohanto

自然の目「大地から」(sd11)-フリオ・ゴヤ

投稿日:

古民家の敷地内にある2本のイブキの木を利用して、ツリーハウスを設置する。炎のような枝ぶりのイブキの大木は、島の大地に根を張り、太陽に向かって幹を伸ばし、台風などの被害から家屋や人間を護る防風林として機能してきた。この生きている樹木を土台にして作るツリーハウス≪自然の目、大地から≫は人間が自然に寄り添い、風や波の音を感じ、海岸沿いの防波堤の先に広がる瀬戸内海と豊島、大島、男木島の島々がつくる雄大な景色と豊かな自然の風景を眺望、体感できるスポットとなる。また、樹木のフォルムを活かしたブランコも作り、大人や子どもも楽しめる自然を感じる場を提供したい。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190510191217464d6af25ab12ba52a237baa97abd3c5&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
自然の目「大地から」
アーティスト:フリオ・ゴヤ
作品No.:sd11
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 三都半島エリア_Mitohanto
-

執筆者:

関連記事

石の島の石(sd21)-中山英之建築設計事務所

地元素材で公共トイレを制作。 引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.2019052 …

愛のボラード(sd33)-清水久和

駐車場の一角に、巨大なボラード(船を繋留するために岸壁にある柱)を設置。海からやってくるはずの「何か」に対して、見る者の想像力をかき立てる。どんな大きなものでもつなぎとめられそうで、力強くて無表情でナ …

Umaki camp(sd26)-ドットアーキテクツ

芸術祭2013で、老若男女、島の人、観光客を問わず、誰もが建てることに参加できる建物が完成。誰でも自由に使えるキッチンやスタジオ、野菜畑や屋外シアターなどもあり、地域と観光客とのコミュニケーション拠点 …

山声洞 (sd19)-伊東敏光

小豆島の神浦地区は、大正時代から昭和の終わりまで良質な砕石を京阪神地方に出荷する採石場があり、砕石工場で働く労働者や運搬を請け負う地元の船主の利益によって大変栄え、三都半島の先端地域は活気に満ちていた …

過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる(sd15)-鹿田義彦

小豆島の地勢をモチーフに、過去・現在・未来を捉え直すきっかけを創出する。日本三大渓谷の一つ「寒霞渓」の古葉書の写真と、今の姿の写真を重ね合わせ、「いま、ここ」の認識を揺さぶる。そして、雪が降り積もった …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »