◆男木島_Ogijima

男木島の魂(og01)

投稿日:2019-05-27 更新日:

船で島に来た人を迎える、港の半透明の空間。屋根にはさまざまな文字が組み合わされ、日中はその影が地面に映る。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190403160106d8b2cab485d7275367fd84f8c733ef48&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
男木島の魂
アーティスト:ジャウメ・プレンサ
作品No.:og01
料金:無料
休業日:無休
開館時間:6:30-17:00







-◆男木島_Ogijima
-

執筆者:

関連記事

漆の家(og14)

地元の漆芸家たちが参加し、木造家屋を香川の伝統的な漆芸技法で改装。黒、白、赤、青など色彩豊かな香川漆芸の特徴に触れ、その奥深さが体感できる。玄関正面の5技法パネルも見逃せない。 引用:https:// …

歩く方舟(og16)

旧約聖書に出てくるノアの方舟のエピソードに想を得た立体作品を海のそばに設置。海や空に溶け込むよう、白と青に着色した4つの山がある方舟が、海を渡ろうと歩くさまを視覚化する。いわきに向かって歩き出し、災禍 …

うちの海 うちの見(og04)

光と影の海景-光の海で、作家は瀬戸内海に囲まれた男木島の歴史を反映させる。外界から導かれた鑑賞者は、座るように誘われ瞑想する。瀬戸内の典型的な光が浮遊空間に放たれ、タコの巨大な触手が壁を抱くように撫で …

タコツボル(og02)

2013年に開催された瀬戸内国際芸術祭以降、男木島にはU・Iターン移住者が増加している。その多くは子育て世代で、子供が増えたことにより2014年に男木小中学校が、2016年には男木保育所が、休校状態を …

男木島 路地壁画プロジェクト wallalley(og05)

「wallalley」とは「wall(壁)」と「alley(路地)」を組み合わせた造語。島で集めた廃材や廃船などに風景のシルエットをカラフルに描き、民家の外壁に設置した作品だ。もはや島の景観の一部とな …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

  • 宝伝港→フェリー時刻表 宝伝港から行ける港 宝伝港からは犬島へ行くことができます。その他犬島へは宮浦(直島)→家浦(豊島)から...
  • 犬島港→フェリー時刻表 犬島港から行ける港 ④犬島港→家浦港(豊島)→宮浦(直島)時刻表 犬島チケットセンター切...
  • 針工場 Photo by Miyuki 豊島の家浦岡集落のメリヤス針の製造工場跡に、宇和島の造船所にて一度も本...
  • 不在の存在(mg15-B)-レアンドロ・エルリッヒ 改装した空家に、2点の作品とともに図書室とレストランが併設されている。アーティスト、レアンドロ・エルリッヒは...
  • 静寂の部屋(sd28)-ハンス・オプ・デ・ビーク 小豆島の主要産業である醤油組合の建物に制作する没入型の彫刻インスタレーション。欧州のベルギーとアジアの日本...
  • 大島→フェリー時刻表 大島から行ける港 大島からは高松港(約20分)、男木島(約15分)へ行くことができます。 高松港...
  • 花寿波島の秘密(sd09)-康夏奈 三都半島の沖に浮かぶ無人島、花寿波島。このとても小さな島をモチーフとした陸と海の絵画を描き、十六角形の逆円...
  • うか食堂 /UKA HOUSE うか食堂 /UKA HOUSE 家浦港より徒歩15分、大竹伸朗作品「針工場」方面にある、食事と宿泊がで...
  • ストーム・ハウス 嵐が来てから去るまでを10数分にまとめたインスタレーション。 人気の作品です。 定員数があるため...
  • Co Co Cafe 唐櫃港からすぐ なんとサザエ の壷焼きが食べられるそうです。 いいですね~ メニューはオリ...
Translate »