◆男木島_Ogijima

オンバ・ファクトリー(og06)、オンバカフェ

投稿日:2019-05-27 更新日:

オンバ・ファクトリー

坂道や細い路地が多い男木島では、オンバ(乳母車)が必須品である。島の人たちのオンバにカラフルなペイントや装飾を施し、日常的に使えるアートに仕立てた。

2010年からの継続作品。

ここではオンバの展示やカフェの利用、オリジナルグッズの購入もできます。

また島民のオンバを修理したり、新調することもできます。

島外の方でもオンバ製作を依頼できます。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki

オンバ・カフェ

男木島は比較的コンパクトな島ですが、坂道が多いし、港周辺でなければ自動販売機もありません。

ぜひここで休憩することをおすすめします。

テラス席からは素晴らしい眺めが楽しめます。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
オンバ・ファクトリー
アーティスト:オンバ・ファクトリー
作品No.:og06
料金:300円
休業日:会期中無休 | カフェ定休日=水曜日・木曜日
開館時間:9:30-16:15







-◆男木島_Ogijima
-

執筆者:

関連記事

SEA VINEー波打ち際にてー(og10)-高橋治希

前回までのSEA VINEを踏襲しながら、今回新たなSEA VINE−波打ち際にて−を制作します。窓の外に見える瀬戸内海が室内で陶磁器の波に変容して、波打ち際として足下に広がります。打ち寄せる波は、瀬 …

部屋の中の部屋(og15)

部屋の中に、90度回転した部屋が出現。つまり、本来は畳の床であるはずの面が壁になっていたり、床の間が床にあったり、天井のような壁から外を眺めたりといった不思議な空間だ。通常は横に並んでいるはずのふすま …

Trieb-家(og11)-遠藤利克

人が去り残された家というものは、かつて暮らしていた住人の心的状況を濃密に残留させ、家それ自体が記憶の装置と化して踏み込む者を圧倒する。今回、作品設置空間として与えられた場所は、朽ち果てた一軒の民家であ …

自転-公転(og12)-リン・ティェンミャオ(林天苗)

空家でインスタレーションを展開。古い日用品や道具など機能を失ったものを骨組でつなぎ合わせ、抽象的なフォルムを造形。新たな色を重ね、それらのオブジェをモーターで動かし、ものに動きを与える。そうすることで …

男木島 路地壁画プロジェクト wallalley(og05)

「wallalley」とは「wall(壁)」と「alley(路地)」を組み合わせた造語。島で集めた廃材や廃船などに風景のシルエットをカラフルに描き、民家の外壁に設置した作品だ。もはや島の景観の一部とな …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »