◆小豆島_Shodoshima 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe

オーケストラピット/ホワイトミュージアム(sd29)-ローザ・バルバ

投稿日:

小豆島の歴史と地元の醤油産業の発展の軌跡を取り込む作品。島の土地、産業、そして人々。過去と未来を隔てることのない可能性の場所として、これら3つの重要な要素に来訪者の注意をもたらす。
苗羽のオリーブ畑には、島に残る工場で働く人々の声を録音した音の作品が置かれ、近接する海に浮かぶスピーカーからは島の誰かの声が聞こえ、海水を物理的に動かす。その他に島とその住民のいかなる物語を歓迎するスクリーンとして、白い光が海を照らす。
海、土地、そしてコミュニティの記憶のために作られた作品。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.201905230940182334f3e359867a717a09718d9d7b70e7&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1

【作品データ】
オーケストラピット/ホワイトミュージアム
アーティスト:ローザ・バルバ
作品No.:sd29
料金:無料
休業日:
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe
-

執筆者:

関連記事

エレメント(sd17)-志水児王

生産や役割を終え、全てが静止している様に見える工場。作家はこの場に固有の運動パターンを持ち込み、通常では知覚する事のできない現象を抽出することによって、静止していた空間を新たな循環モデルとして再起動す …

“Stand Up!” Series/駆け出した犬、浮遊する象(sd18)-髙瑞

本プランは、三都半島に残された「犬の墓」伝説と、三都半島の神浦沖海中から産出するナウマン象の化石にちなみ、犬の置物を立ち上がらせる彫刻作品「”Stand Up!”」シリーズを組 …

山声洞 (sd19)-伊東敏光

小豆島の神浦地区は、大正時代から昭和の終わりまで良質な砕石を京阪神地方に出荷する採石場があり、砕石工場で働く労働者や運搬を請け負う地元の船主の利益によって大変栄え、三都半島の先端地域は活気に満ちていた …

鐘舎 Bell Shelter(sd23)-朱哲琴 (Dadawa)

「鐘舎 Bell Shelter」は、音を可視化するサイトスペシフィックな作品。音楽家である作家が作った観客参加型の作品で、瀬戸内国際芸術祭のために作られたサウンドインスタレーション。 引用:http …

アートノショーターミナル(sd02)-コシノジュンコ

既存の土庄港フェリーターミナルを改装し、作品展示やイベントなどの開催を通じて交流の場を目指す。1階には新たにコシノジュンコの世界観「天衣無縫の美しさと神秘」を見るだけでなく体験できる作品”SPIKE …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »