◆小豆島_Shodoshima 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe

オーケストラピット/ホワイトミュージアム(sd29)-ローザ・バルバ

投稿日:

小豆島の歴史と地元の醤油産業の発展の軌跡を取り込む作品。島の土地、産業、そして人々。過去と未来を隔てることのない可能性の場所として、これら3つの重要な要素に来訪者の注意をもたらす。
苗羽のオリーブ畑には、島に残る工場で働く人々の声を録音した音の作品が置かれ、近接する海に浮かぶスピーカーからは島の誰かの声が聞こえ、海水を物理的に動かす。その他に島とその住民のいかなる物語を歓迎するスクリーンとして、白い光が海を照らす。
海、土地、そしてコミュニティの記憶のために作られた作品。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.201905230940182334f3e359867a717a09718d9d7b70e7&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1

【作品データ】
オーケストラピット/ホワイトミュージアム
アーティスト:ローザ・バルバ
作品No.:sd29
料金:無料
休業日:
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe
-

執筆者:

関連記事

ジョルジュ・ギャラリー(sd27)-ジョルジュ・ルース

小豆島・醤の郷に「小豆島アートプロジェクト」代表・石井純の祖父母がかつて暮らした古民家が残されている。26年間静かに眠っていたこの住空間に、2018年10月、フランスの写真家「ジョルジュ・ルース」を招 …

辿り着く向こう岸ーシャン・ヤンの航海企画展(sd20)-シャン・ヤン

「舟」は東西洋の文化にそれぞれの強い意味がある。仏教では、人間は舟に乗って苦しみの海を渡り、道教では、舟は出世するための乗り物である。西方の宗教にも世界の生き物を救う船の物語が存在する。60年代後半、 …

国境を越えて・波(sd36)-リン・シュンロン(林舜龍)

2016年秋、冷たい風の中に、196体の世界の子供は、瀬戸内海小豆島北部の大部港の砂浜で溶けてなくなり、海潮と共に世界へ流されていって、自分の故郷に帰っていった。2019年春、爽やかな風の中に、1体の …

明日の海(sd14)-友定睦

鑑賞者に「記憶の風景」について問うことを目的とし、壺井栄のエッセイを基点に、テキスト、音声、映像、オブジェを用いたインスタレーションを構成する。 引用:https://setouchi-artfest …

再び ・・・(sd03)-キム・キョンミン

目で見て感じる音をテーマに制作しています。今回は、小豆島の空間に対して芽生えた感情を言葉にし、その言葉を想像の水の中に落とすことで、その空間とつながる水の動きをイメージし「再び…」と言うテーマにした。 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »