◆小豆島_Shodoshima 大部エリア_Obe

国境を越えて・波(sd36)-リン・シュンロン(林舜龍)

投稿日:2019-06-12 更新日:

2016年秋、冷たい風の中に、196体の世界の子供は、瀬戸内海小豆島北部の大部港の砂浜で溶けてなくなり、海潮と共に世界へ流されていって、自分の故郷に帰っていった。
2019年春、爽やかな風の中に、1体の世界の子供の銅像が海の祝福を背負って、あの穏やかな海の水平線から歩いて帰ってきた。彼は潮間帯のある岩に立ち止まって、三年前に自分が生まれた海辺をじっと見つめる。カキや貝類まみれの体を煌めかせ、瞳を閉じて考え込んでいる。その様子が、潮の満ち引きにより、現れたり飲み込まれたりする。
堤防の内側の広場に、数千本の竹を使って、丸くてふわふわとした海洋生物を築いていく。積み重ねたその放射状の造形は、ウニにも、イソギンチャクにも似ている。その生き物は広場でうつ伏せになって、数千本の触手が風に揺られ、空と海の方に伸ばしていく様子は、世界の子供を招いてるよう。また、ゆっくり蠢くその巨大な体も、うねうね波打っているように見える。
海洋生物の尾部から長い竹の歩道を登り、二本の木の間を通りぬければ、眩しい放射状の渡り廊下に入れる。奥に入れば入るほど道がどんどん狭くなるが、海洋生物のお腹の方に訪れると、ゴシック式教会のような、天井が高く持ち上げられた神聖なる空間がある。太陽の光が竹の隙間から差し込み、暖かい海風も竹と竹の間を通りぬければ涼しい風に入れ替わる。風に揺られる竹が擦り合って、何かを囁いているかのような音を出している。
一本一本の細長い竹で、この空間に柔らかそうな壁を編み上げる。この空間は母親のお腹の子宮を思わせる。上から太い麻のロープをぶら下げて、ブランコを作って子供たちに遊ばせる。すっかり生まれ育った場所に戻った気分で、自由自在に宇宙という海で旅をする。
真っ正面の狭いドアを突き抜けると、海の方に繋がる竹の台にたどり着く。 放射状になっている竹に囲まれながら、海に立ち止っている世界の子供と対面する。台の下から何かが鳴り響いているが、その音を追って両サイドの竹の階段を下ったところで、台湾の学生たちの手作り竹風鈴がいっぱい吊らされている空間がある。竹風鈴は風に揺られて鳴いている。ここは砂浜への入り口でもある。
夜中になると、海洋生物「波」のお腹から暖かい光を放って、竹の隙間を通り抜けて竹の先端に届く。「波」は金色の卵に切り替わって、明るかったり暗かったり、呼吸みたいな光の暈の中で、新しい命を育み、海の向こう側の、世界の子供の生まれ変わりを迎える。
「波」は海の表情だけではなく、海からのメッセージでもあり。一つ一つの波が、遠方や近辺、遥か昔や未来の諭しを届けてくる!

7000本の竹を地元で調達、春会期の後も色々と手を加え進化しているそうです。

Photo by Miyuki

遠くからでもかなりの存在感です。

地元の方が受付をされていて、中からは子供たちの遊ぶ声が。

もう夏休みです。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki

竹の道を進んでいくと、目の前を子供が通過!

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki

海側の出口を出ると、子供の像が海に立っているのは事前知識でありましたが・・・

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki

行ったタイミングが満潮時で頭がかろうじて見えているのみ・・・

残念

引用:https://stat.ameba.jp/user_images/20190429/07/tad55kawasaki/e2/c5/j/o2304172814399533258.jpg?caw=800

普段はこんな感じです。

脇道があり、台湾風鈴がたくさん釣り下がっています。

台湾の子供たちが作ったそうです。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki

脇道からビーチに出ることができます。

地元の方に色々と情報を頂きました。

外観はウニのイメージだけど、中は母の胎内を表現。

へその緒で、子供が泳いでいる

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki

ちなみに瀬戸内国際芸術祭2016の時の作品も大人気でした。以下に写真を少々。

瀬戸内国際芸術祭2016  Photo by Miyuki 2016
瀬戸内国際芸術祭2016  Photo by Miyuki 2016
Photo by Miyuki 2016

瀬戸内国際芸術祭2016の終わりの頃訪れたらアーティストのリンさんがいらっしゃって少しお話させて頂きました。

2019年地元の方とお話した時にリンさんや作品がしっかり大部の地域に根付いていることが分かりました。

この作品のある大部エリアは小豆島の中では行きにくいところかもしれませんが、キレイな海とか、環境を含めてぜひ行っていただきたいです。

【作品データ】
国境を越えて・波
アーティスト:リン・シュンロン(林舜龍)
作品No.:sd36
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 大部エリア_Obe
-

執筆者:

関連記事

潮耳荘(sd16)-広島市立大学芸術学部有志

伊東敏光+康夏奈+広島市立大学芸術学部有志古材を用いて大型の立体作品を制作。海に向かってホルンのような形の集音器が出ていて、内部空間全体に海の音が響く構造だ。 引用:https://setouchi- …

ダイナマイト・トラヴァース変奏曲 (sd38)-秩父前衛派

小海にある石切り場跡地で、図形のような独自の楽譜を石に刻んだ作品を展示。 Photo by Miyuki Photo by Miyuki Photo by Miyuki Photo by Miyuki …

草壁港→フェリー時刻表

Contents1 草壁港から行ける港2 →高松港 草壁港から行ける港 草壁港からは高松港まで行くことができます。 →高松港 旅客線ブルーライン、撮影は高松港 Photo by Miyuki &nbs …

フルイーレ(sd07)-ジャコモ・ザガネッリ

中山と肥土山のコミュニティーに強く触発されたイタリアはフィレンツェ出身のジャコモ・ザガネッリは、かつて肥土山の小学生に使用されていたプールを地域のための庭園に変容するべく、地域の人々との接触を図る。変 …

小豆島の木(sd37)-竹腰耕平

小豆島の北海岸線で伐採された木に着目したインスタレーション。長い年月を生きてきた木を最後に掘り出し、その存在をあらわにする。私たちが普段木を見上げることとは異なるアプローチで木と相対する。 2016年 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »