◆小豆島_Shodoshima 三都半島エリア_Mitohanto

過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる(sd15)-鹿田義彦

投稿日:2019-06-11 更新日:

小豆島の地勢をモチーフに、過去・現在・未来を捉え直すきっかけを創出する。日本三大渓谷の一つ「寒霞渓」の古葉書の写真と、今の姿の写真を重ね合わせ、「いま、ここ」の認識を揺さぶる。そして、雪が降り積もったかのような白銀の海岸と漂着物で覆われた空間を作り、「これから」を再考する契機とする。
空家の1・2階を用い、三つの時制が一つになった作品を目指す。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.2019050919192957c4472e339ceef2c5752de2587663cb&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる
アーティスト:鹿田義彦
作品No.:sd15
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 三都半島エリア_Mitohanto
-

執筆者:

関連記事

海辺のクォーツ(sd13)-平野薫

人が住んでいない空き家に足を踏み入れる時、人が住んでいる家とは違う何か異色な気配を感じる。それは、古着に残る着用者の気配と似ている。これまで作家は “古着を糸になるまで分解する、そしてその糸を結び直す …

愛のボラード(sd33)-清水久和

駐車場の一角に、巨大なボラード(船を繋留するために岸壁にある柱)を設置。海からやってくるはずの「何か」に対して、見る者の想像力をかき立てる。どんな大きなものでもつなぎとめられそうで、力強くて無表情でナ …

つぎつぎきんつぎ(sd22)-岸本真之

不要になった陶磁器を集め、「金つぎ」という修復技法を参照した手法でつなぎ合わせた立体作品。島の人たちの思い出の品を作品としてよみがえらせる試みだ。 ※この作品は「迷路のまちエリア」と「草壁港エリア」の …

小豆島の木(sd37)-竹腰耕平

小豆島の北海岸線で伐採された木に着目したインスタレーション。長い年月を生きてきた木を最後に掘り出し、その存在をあらわにする。私たちが普段木を見上げることとは異なるアプローチで木と相対する。 2016年 …

フルイーレ(sd07)-ジャコモ・ザガネッリ

中山と肥土山のコミュニティーに強く触発されたイタリアはフィレンツェ出身のジャコモ・ザガネッリは、かつて肥土山の小学生に使用されていたプールを地域のための庭園に変容するべく、地域の人々との接触を図る。変 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

  • 犬島港→フェリー時刻表 犬島港から行ける港 ④犬島港→家浦港(豊島)→宮浦(直島)時刻表 犬島チケットセンター切...
  • 宝伝港→フェリー時刻表 宝伝港から行ける港 宝伝港からは犬島へ行くことができます。その他犬島へは宮浦(直島)→家浦(豊島)から...
  • 迷路のまち~変幻自在の路地空間~(sd04)-目 前回の芸術祭で、元たばこ屋の建物を改装して回遊型インスタレーションを発表したアートユニットの目が新たな作品...
  • 花寿波島の秘密(sd09)-康夏奈 三都半島の沖に浮かぶ無人島、花寿波島。このとても小さな島をモチーフとした陸と海の絵画を描き、十六角形の逆円...
  • 家プロジェクト きんざ(na17-B) 「きんざ」は古い家屋の構造をそのままに、天井や床を取り払い、外壁や庭を含めた空間そのものを内藤礼が作品化した...
  • あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液) あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液)/ピピロッティ・リスト 「島キッチン」と同敷地内に...
  • 大島→フェリー時刻表 大島から行ける港 大島からは高松港(約20分)、男木島(約15分)へ行くことができます。 高松港...
  • 結―ISHIYA かつて石材業を営んでいた邸宅を改装した日本家屋の宿。 Room A (和室): 22,000 円~R...
  • トムナフーリ 2010年の瀬戸内国際芸術祭からの作品。 今回の瀬戸内国際芸術祭2019では土曜日のナイトプログラムの...
  • ARUEI 家浦港から徒歩5分。 豊島横尾館の近くにあります。 豊島で採れた食材を中心に丁寧でしっかりとした...
Translate »