◆沙弥島_Syamijima

ピボット(sm07)

投稿日:

学校を視察した際、遊具がないのは寂しいとの思いから遊具(シーソー)を発案。
シーソーは実際に遊べるだけでなく、AIを搭載し、来場者は会話も楽しむことができる。
会話の内容には、与島地区5島の島民から得た昔話等が聞ける。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
ピボット
アーティスト:マデライン・フリン+ティム・ハンフリー
作品No.:sm07
住所:旧沙弥中学校に展示
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30~17:00







-◆沙弥島_Syamijima
-

執筆者:

関連記事

フードクラブ(sm04)

イランからの「移民」の人々が発明していたかもしれない「日本+イラン食」を実験的に発明する。観客や地元の人と共にメニューを開発し、「料理実験室」のような空間を展開。 引用:https://setouch …

大岩島2(sm08)

瀬戸内国際芸術祭2016のときは小豆島の土庄エリアで展示されていました。 今回は沙弥島の坂出市万葉会館内に移っています。春会期のみの公開になります。 半径約6メートルの宇宙船を連想させるエア・ドームは …

ヨタの漂う鬼の家(sm02)

この作品が展示されているナカンダ浜や、 旧沙弥中学校の周辺の環境が2016年からかなり変わっていました。 具体的には以前宿泊施設だったところが更地になり、見渡す風景の範囲がとても広がりました。 遠目か …

月と塩をめぐる3つの作品(sm06)

沙弥島の上にかかる月と太陽 ソルヴェーグ 記憶の風景 月の舟 柿本人麻呂に捧ぐ 3つのテーマで、旧沙弥中学校の3部屋を使って、作品展開する。 作家の代表作である「月」シリーズに加え、坂出ならではの「柿 …

12島と港の物語 回遊式アニメーション(sm09)

前回、春:沙弥島、夏:宇野港、秋:本島で回遊式に作品展開をした作品を、春会期に沙弥島に展開。「キノーラ」とは、取っ手を回してパラパラ漫画のように鑑賞できる古典的なアニメーション装置。 以下の写真は瀬戸 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »