◆沙弥島_Syamijima

ピボット(sm07)

投稿日:

学校を視察した際、遊具がないのは寂しいとの思いから遊具(シーソー)を発案。
シーソーは実際に遊べるだけでなく、AIを搭載し、来場者は会話も楽しむことができる。
会話の内容には、与島地区5島の島民から得た昔話等が聞ける。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
ピボット
アーティスト:マデライン・フリン+ティム・ハンフリー
作品No.:sm07
住所:旧沙弥中学校に展示
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30~17:00







-◆沙弥島_Syamijima
-

執筆者:

関連記事

そらあみ<島巡り>(sm03)

沙弥島は地元の方の参加協力が盛んなエリアです。 そらあみは2013年から続く作品で、ワークショップでたくさんの方が参加しています。 秋会期は本島でも公開されます。 瀬戸大橋でつながる沙弥島、瀬居島、与 …

神戸芸術工科大学アートプロジェクト2019@瀬居島(4/26~5/26)

Contents1 神戸芸術工科大学アートプロジェクト2019 1.1 ①しましまのうみ/中山玲佳 1.2 ② 先祖宮/かわいひろゆき 1.3 ③ 千年の星空/戸矢崎満雄 1.4 ④ 島影と面影/尹智 …

大岩島2(sm08)

瀬戸内国際芸術祭2016のときは小豆島の土庄エリアで展示されていました。 今回は沙弥島の坂出市万葉会館内に移っています。春会期のみの公開になります。 半径約6メートルの宇宙船を連想させるエア・ドームは …

月と塩をめぐる3つの作品(sm06)

沙弥島の上にかかる月と太陽 ソルヴェーグ 記憶の風景 月の舟 柿本人麻呂に捧ぐ 3つのテーマで、旧沙弥中学校の3部屋を使って、作品展開する。 作家の代表作である「月」シリーズに加え、坂出ならではの「柿 …

一雫の海(sm05)

沙弥島の今の風景の礎となった塩田の様子を想起させるインスタレーション作品塩田と坂出市の地上の風景と、既に地面の下にある歴史が、記憶を通して一致していく経験を糸口とし、一滴の海水を通して砂の大地を境界に …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »