◆男木島_Ogijima

部屋の中の部屋(og15)

投稿日:

部屋の中に、90度回転した部屋が出現。つまり、本来は畳の床であるはずの面が壁になっていたり、床の間が床にあったり、天井のような壁から外を眺めたりといった不思議な空間だ。通常は横に並んでいるはずのふすまを縦に4枚並べ、そこに描いた絵も発表される。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
部屋の中の部屋
アーティスト:大岩オスカール
作品No.:og15
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-16:15







-◆男木島_Ogijima
-

執筆者:

関連記事

未知の作品2019(og09)-グレゴール・シュナイダー

グレゴール・シュナイダーは、男木島で失われていく家を扱います。彼は自分自身を隔離する作品が、自分のやり方だと言っています。 過去の強い出来事を問う場所を探し、しかしその出来事自体は存在しません。彼は作 …

男木島 路地壁画プロジェクト wallalley(og05)

「wallalley」とは「wall(壁)」と「alley(路地)」を組み合わせた造語。島で集めた廃材や廃船などに風景のシルエットをカラフルに描き、民家の外壁に設置した作品だ。もはや島の景観の一部とな …

自転-公転(og12)-リン・ティェンミャオ(林天苗)

空家でインスタレーションを展開。古い日用品や道具など機能を失ったものを骨組でつなぎ合わせ、抽象的なフォルムを造形。新たな色を重ね、それらのオブジェをモーターで動かし、ものに動きを与える。そうすることで …

記憶のボトル(og13)

島の人たちの思い出をボトルに封入し、小さなあかりをともす作品。 今は男木島で人気ナンバーワンとも言われる作品です。 島民の皆さんから思い出の写真や物を提供してもらい、それをボトルに詰め込んでいます。 …

男木島の魂(og01)

船で島に来た人を迎える、港の半透明の空間。屋根にはさまざまな文字が組み合わされ、日中はその影が地面に映る。 引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fil …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

  • 宝伝港→フェリー時刻表 宝伝港から行ける港 宝伝港からは犬島へ行くことができます。その他犬島へは宮浦(直島)→家浦(豊島)から...
  • 犬島港→フェリー時刻表 犬島港から行ける港 ④犬島港→家浦港(豊島)→宮浦(直島)時刻表 犬島チケットセンター切...
  • 花寿波島の秘密(sd09)-康夏奈 三都半島の沖に浮かぶ無人島、花寿波島。このとても小さな島をモチーフとした陸と海の絵画を描き、十六角形の逆円...
  • 金栄丸食堂 金栄丸食堂は「きよまる」と読みます。 2016年3月オープン。 家浦港から徒歩5分。 豊島...
  • 民宿 龍宮 民宿 龍宮 Photo by Miyuki 鬼が島ビーチに3軒並ぶ海の家の真ん中にあるのが「民宿...
  • レンタカーあき(安岐石油) ガソリンスタンド、レンタカー、レンタサイクルが可能な家浦港近くのお店です。 手荷物預かり可能。 ...
  • 大島→フェリー時刻表 大島から行ける港 大島からは高松港(約20分)、男木島(約15分)へ行くことができます。 高松港...
  • 迷路のまち~変幻自在の路地空間~(sd04)-目 前回の芸術祭で、元たばこ屋の建物を改装して回遊型インスタレーションを発表したアートユニットの目が新たな作品...
  • てしま自然の家 「唐櫃岡集会場前」バス停前にある研修宿泊施設です。 2,500 円 ~ / 1人。3部屋。 ...
  • 海宿 鬼旬 海宿 鬼旬 女木島のビーチの一番手前にある宿&食事ができるところです。 女木島は夏場は海水浴、...
Translate »