◆小豆島_Shodoshima 三都半島エリア_Mitohanto

海辺のクォーツ(sd13)-平野薫

投稿日:

人が住んでいない空き家に足を踏み入れる時、人が住んでいる家とは違う何か異色な気配を感じる。それは、古着に残る着用者の気配と似ている。
これまで作家は “古着を糸になるまで分解する、そしてその糸を結び直すことによって、新たな形へと生まれ変える” という手法を用いて、気配や記憶など実体が不確かで不可思議な存在を追い求めてきた。
今回の会場となる20年ほど使われていなかった空き家は、1階が倉庫、2階が若夫婦の住居として改築された建物。
この展示では、ふたつの時代を記憶する会場となる空き家もひとつの作品の素材としている。
現代を生きる私たちが中に入ることで、この空き家は三つの時が交錯する装置となり、急速に変化し続ける現代の私たちの暮らしについて考察する機会を与えてくれるだろう。その一方で、空き家から出てきたこの地域特有のもの、旧池田中学校や旧蒲生小学校の制服、破魔矢や脱穀機などを素材とすることで、この地域の人々の暮らしの記憶の作品化も同時に目指す。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190509192615b2793fcddfe5da3db9a6b77325c8f03d&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
海辺のクォーツ
アーティスト:平野薫
作品No.:sd13
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 三都半島エリア_Mitohanto
-

執筆者:

関連記事

石の島の石(sd21)-中山英之建築設計事務所

地元素材で公共トイレを制作。 引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.2019052 …

国境を越えて・波(sd36)-リン・シュンロン(林舜龍)

2016年秋、冷たい風の中に、196体の世界の子供は、瀬戸内海小豆島北部の大部港の砂浜で溶けてなくなり、海潮と共に世界へ流されていって、自分の故郷に帰っていった。2019年春、爽やかな風の中に、1体の …

Utopia dungeon(sd12)- 田中圭介

自然を加工すること、あるいは自然を再現することを通して、人間と自然の関係について考察する。今回、小豆島という海に囲まれた小さな陸地で、そこに生息する樹木やその集合体としての森、地形としての山をモチーフ …

静寂の部屋(sd28)-ハンス・オプ・デ・ビーク

小豆島の主要産業である醤油組合の建物に制作する没入型の彫刻インスタレーション。欧州のベルギーとアジアの日本を結ぶ体験を生むような、両国の文化的な環境を取り入れつつ、作品設置場所の小豆島にもちなんだ空間 …

オーケストラピット/ホワイトミュージアム(sd29)-ローザ・バルバ

小豆島の歴史と地元の醤油産業の発展の軌跡を取り込む作品。島の土地、産業、そして人々。過去と未来を隔てることのない可能性の場所として、これら3つの重要な要素に来訪者の注意をもたらす。苗羽のオリーブ畑には …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »