◆小豆島_Shodoshima 三都半島エリア_Mitohanto

海辺のクォーツ(sd13)-平野薫

投稿日:

人が住んでいない空き家に足を踏み入れる時、人が住んでいる家とは違う何か異色な気配を感じる。それは、古着に残る着用者の気配と似ている。
これまで作家は “古着を糸になるまで分解する、そしてその糸を結び直すことによって、新たな形へと生まれ変える” という手法を用いて、気配や記憶など実体が不確かで不可思議な存在を追い求めてきた。
今回の会場となる20年ほど使われていなかった空き家は、1階が倉庫、2階が若夫婦の住居として改築された建物。
この展示では、ふたつの時代を記憶する会場となる空き家もひとつの作品の素材としている。
現代を生きる私たちが中に入ることで、この空き家は三つの時が交錯する装置となり、急速に変化し続ける現代の私たちの暮らしについて考察する機会を与えてくれるだろう。その一方で、空き家から出てきたこの地域特有のもの、旧池田中学校や旧蒲生小学校の制服、破魔矢や脱穀機などを素材とすることで、この地域の人々の暮らしの記憶の作品化も同時に目指す。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190509192615b2793fcddfe5da3db9a6b77325c8f03d&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
海辺のクォーツ
アーティスト:平野薫
作品No.:sd13
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 三都半島エリア_Mitohanto
-

執筆者:

関連記事

境界線の庭(sd10)-土井満治

三都半島谷尻地区の海沿いに突如現れる、妙に広く、人工的なこの空き地は、地面と海が構造物に隔たれることなく連続的に繋がれ、眺望に優れた場所になっている。また、立地的にもその成り立ちからも、海と山との間に …

草壁港→フェリー時刻表

Contents1 草壁港から行ける港2 →高松港 草壁港から行ける港 草壁港からは高松港まで行くことができます。 →高松港 旅客線ブルーライン、撮影は高松港 Photo by Miyuki &nbs …

Cafe Rest サクラヰ

小豆島の二十四の瞳映画村の近くにある飲食店です。 小豆島のご当地グルメの「ひしお丼」が食べられるお店で、珍しい「ローストビーフのひしお丼」が置いてあります。 「ひしお丼」は小豆島商工会と旅行雑誌の「じ …

静寂の部屋(sd28)-ハンス・オプ・デ・ビーク

小豆島の主要産業である醤油組合の建物に制作する没入型の彫刻インスタレーション。欧州のベルギーとアジアの日本を結ぶ体験を生むような、両国の文化的な環境を取り入れつつ、作品設置場所の小豆島にもちなんだ空間 …

小豆島の木(sd37)-竹腰耕平

小豆島の北海岸線で伐採された木に着目したインスタレーション。長い年月を生きてきた木を最後に掘り出し、その存在をあらわにする。私たちが普段木を見上げることとは異なるアプローチで木と相対する。 2016年 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »