◆小豆島_Shodoshima 三都半島エリア_Mitohanto

海辺のクォーツ(sd13)-平野薫

投稿日:

人が住んでいない空き家に足を踏み入れる時、人が住んでいる家とは違う何か異色な気配を感じる。それは、古着に残る着用者の気配と似ている。
これまで作家は “古着を糸になるまで分解する、そしてその糸を結び直すことによって、新たな形へと生まれ変える” という手法を用いて、気配や記憶など実体が不確かで不可思議な存在を追い求めてきた。
今回の会場となる20年ほど使われていなかった空き家は、1階が倉庫、2階が若夫婦の住居として改築された建物。
この展示では、ふたつの時代を記憶する会場となる空き家もひとつの作品の素材としている。
現代を生きる私たちが中に入ることで、この空き家は三つの時が交錯する装置となり、急速に変化し続ける現代の私たちの暮らしについて考察する機会を与えてくれるだろう。その一方で、空き家から出てきたこの地域特有のもの、旧池田中学校や旧蒲生小学校の制服、破魔矢や脱穀機などを素材とすることで、この地域の人々の暮らしの記憶の作品化も同時に目指す。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190509192615b2793fcddfe5da3db9a6b77325c8f03d&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
海辺のクォーツ
アーティスト:平野薫
作品No.:sd13
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 三都半島エリア_Mitohanto
-

執筆者:

関連記事

エレメント(sd17)-志水児王

生産や役割を終え、全てが静止している様に見える工場。作家はこの場に固有の運動パターンを持ち込み、通常では知覚する事のできない現象を抽出することによって、静止していた空間を新たな循環モデルとして再起動す …

再び ・・・(sd03)-キム・キョンミン

目で見て感じる音をテーマに制作しています。今回は、小豆島の空間に対して芽生えた感情を言葉にし、その言葉を想像の水の中に落とすことで、その空間とつながる水の動きをイメージし「再び…」と言うテーマにした。 …

明日の海(sd14)-友定睦

鑑賞者に「記憶の風景」について問うことを目的とし、壺井栄のエッセイを基点に、テキスト、音声、映像、オブジェを用いたインスタレーションを構成する。 引用:https://setouchi-artfest …

ダイナマイト・トラヴァース変奏曲 (sd38)-秩父前衛派

小海にある石切り場跡地で、図形のような独自の楽譜を石に刻んだ作品を展示。 Photo by Miyuki Photo by Miyuki Photo by Miyuki Photo by Miyuki …

猪鹿垣の島(sd06)-齋藤正人

前回の芸術祭で、約200年前に築かれたとされる小豆島特有の猪鹿垣を再築。今回は新たに、ピラミッド型の石積みを実施する。猪鹿垣と農耕文化の形、石積み技術の継承といった小豆島の固有文化を、ピラミッド型で視 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »