◆小豆島_Shodoshima 大部エリア_Obe

小豆島の木(sd37)-竹腰耕平

投稿日:2019-06-12 更新日:

小豆島の北海岸線で伐採された木に着目したインスタレーション。長い年月を生きてきた木を最後に掘り出し、その存在をあらわにする。私たちが普段木を見上げることとは異なるアプローチで木と相対する。

2016年からの継続作品。存在感のある巨大な根を倉庫の天井から吊り下げています。

小豆島の作品巡りは大きな島で散らばっているため大変です。

大部エリアの2作品を見て福田エリアに行くのがいいのかもしれません。

土庄からバスで行くことができますし、ここから福田までバスがあります。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
小豆島の木
アーティスト:竹腰耕平
作品No.:sd37
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 大部エリア_Obe
-

執筆者:

関連記事

迷路のまち~変幻自在の路地空間~(sd04)-目

前回の芸術祭で、元たばこ屋の建物を改装して回遊型インスタレーションを発表したアートユニットの目が新たな作品を加え、「迷路のまち」のエリアを拡大する。たばこ屋や飲食店などにさまざまな仕掛けを施し、たくみ …

過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる(sd15)-鹿田義彦

小豆島の地勢をモチーフに、過去・現在・未来を捉え直すきっかけを創出する。日本三大渓谷の一つ「寒霞渓」の古葉書の写真と、今の姿の写真を重ね合わせ、「いま、ここ」の認識を揺さぶる。そして、雪が降り積もった …

スター・アンガー(sd30)-ヤノベケンジ

坂手港の灯台跡地に巨大な立体作品を設置。光り輝く球体の上に、龍が鎮座し、叫びを上げる。また、球体と龍はミラーボールのように回転し、夜間にはミラーチップが光る。設置以来、坂手港のシンボル・モニュメントと …

海辺のクォーツ(sd13)-平野薫

人が住んでいない空き家に足を踏み入れる時、人が住んでいる家とは違う何か異色な気配を感じる。それは、古着に残る着用者の気配と似ている。これまで作家は “古着を糸になるまで分解する、そしてその糸を結び直す …

Utopia dungeon(sd12)- 田中圭介

自然を加工すること、あるいは自然を再現することを通して、人間と自然の関係について考察する。今回、小豆島という海に囲まれた小さな陸地で、そこに生息する樹木やその集合体としての森、地形としての山をモチーフ …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »