◆小豆島_Shodoshima 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe

静寂の部屋(sd28)-ハンス・オプ・デ・ビーク

投稿日:

小豆島の主要産業である醤油組合の建物に制作する没入型の彫刻インスタレーション。
欧州のベルギーとアジアの日本を結ぶ体験を生むような、両国の文化的な環境を取り入れつつ、作品設置場所の小豆島にもちなんだ空間を制作する。
作家は常に、沈黙、平穏、静寂、瞑想、統合という概念に作品を通して取り組んでいる。目を閉じた彫刻、彫刻で表現された自然(睡蓮の池、桜の木、岩)、文化の象徴(グランドピアノ、書斎、音楽)は、作家の作品によく出てくるモチーフである。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190503163714305226bb55eb20aefcf910b291cdc548&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
静寂の部屋
アーティスト:ハンス・オプ・デ・ビーク
作品No.:sd28
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe
-

執筆者:

関連記事

自然の目「大地から」(sd11)-フリオ・ゴヤ

古民家の敷地内にある2本のイブキの木を利用して、ツリーハウスを設置する。炎のような枝ぶりのイブキの大木は、島の大地に根を張り、太陽に向かって幹を伸ばし、台風などの被害から家屋や人間を護る防風林として機 …

国境を越えて・波(sd36)-リン・シュンロン(林舜龍)

2016年秋、冷たい風の中に、196体の世界の子供は、瀬戸内海小豆島北部の大部港の砂浜で溶けてなくなり、海潮と共に世界へ流されていって、自分の故郷に帰っていった。2019年春、爽やかな風の中に、1体の …

“Stand Up!” Series/駆け出した犬、浮遊する象(sd18)-髙瑞

本プランは、三都半島に残された「犬の墓」伝説と、三都半島の神浦沖海中から産出するナウマン象の化石にちなみ、犬の置物を立ち上がらせる彫刻作品「”Stand Up!”」シリーズを組 …

過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる(sd15)-鹿田義彦

小豆島の地勢をモチーフに、過去・現在・未来を捉え直すきっかけを創出する。日本三大渓谷の一つ「寒霞渓」の古葉書の写真と、今の姿の写真を重ね合わせ、「いま、ここ」の認識を揺さぶる。そして、雪が降り積もった …

太陽の贈り物(sd01)-チェ・ジョンファ(崔正化)

「オリーブの島」として親しまれる島の玄関口に、オリーブの葉を王冠の形に仕立てた彫刻を設置。金色に光り輝く円環からは海が眺められる。島の子どもたちのメッセージも刻まれ、未来への夢を託す。 Photo b …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »