◆小豆島_Shodoshima 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe

静寂の部屋(sd28)-ハンス・オプ・デ・ビーク

投稿日:

小豆島の主要産業である醤油組合の建物に制作する没入型の彫刻インスタレーション。
欧州のベルギーとアジアの日本を結ぶ体験を生むような、両国の文化的な環境を取り入れつつ、作品設置場所の小豆島にもちなんだ空間を制作する。
作家は常に、沈黙、平穏、静寂、瞑想、統合という概念に作品を通して取り組んでいる。目を閉じた彫刻、彫刻で表現された自然(睡蓮の池、桜の木、岩)、文化の象徴(グランドピアノ、書斎、音楽)は、作家の作品によく出てくるモチーフである。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190503163714305226bb55eb20aefcf910b291cdc548&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
静寂の部屋
アーティスト:ハンス・オプ・デ・ビーク
作品No.:sd28
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe
-

執筆者:

関連記事

自然の目「大地から」(sd11)-フリオ・ゴヤ

古民家の敷地内にある2本のイブキの木を利用して、ツリーハウスを設置する。炎のような枝ぶりのイブキの大木は、島の大地に根を張り、太陽に向かって幹を伸ばし、台風などの被害から家屋や人間を護る防風林として機 …

明日の海(sd14)-友定睦

鑑賞者に「記憶の風景」について問うことを目的とし、壺井栄のエッセイを基点に、テキスト、音声、映像、オブジェを用いたインスタレーションを構成する。 引用:https://setouchi-artfest …

エレメント(sd17)-志水児王

生産や役割を終え、全てが静止している様に見える工場。作家はこの場に固有の運動パターンを持ち込み、通常では知覚する事のできない現象を抽出することによって、静止していた空間を新たな循環モデルとして再起動す …

アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社(sd31)-ビートたけし×ヤノベケンジ

高さ約8メートルもの巨大な彫刻が、井戸から姿を現す。島にある古井戸の底に潜む巨大な地霊的化け物が出現し、人々を脅かすという寓話的な設定だ。ビートたけしが構想したプランをもとに、ヤノベケンジが実現。実際 …

“Stand Up!” Series/駆け出した犬、浮遊する象(sd18)-髙瑞

本プランは、三都半島に残された「犬の墓」伝説と、三都半島の神浦沖海中から産出するナウマン象の化石にちなみ、犬の置物を立ち上がらせる彫刻作品「”Stand Up!”」シリーズを組 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »