◆小豆島_Shodoshima 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe

静寂の部屋(sd28)-ハンス・オプ・デ・ビーク

投稿日:

小豆島の主要産業である醤油組合の建物に制作する没入型の彫刻インスタレーション。
欧州のベルギーとアジアの日本を結ぶ体験を生むような、両国の文化的な環境を取り入れつつ、作品設置場所の小豆島にもちなんだ空間を制作する。
作家は常に、沈黙、平穏、静寂、瞑想、統合という概念に作品を通して取り組んでいる。目を閉じた彫刻、彫刻で表現された自然(睡蓮の池、桜の木、岩)、文化の象徴(グランドピアノ、書斎、音楽)は、作家の作品によく出てくるモチーフである。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190503163714305226bb55eb20aefcf910b291cdc548&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
静寂の部屋
アーティスト:ハンス・オプ・デ・ビーク
作品No.:sd28
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 醤の郷周辺/草壁港_Hishio-Kusakabe
-

執筆者:

関連記事

海辺のクォーツ(sd13)-平野薫

人が住んでいない空き家に足を踏み入れる時、人が住んでいる家とは違う何か異色な気配を感じる。それは、古着に残る着用者の気配と似ている。これまで作家は “古着を糸になるまで分解する、そしてその糸を結び直す …

小豆島の木(sd37)-竹腰耕平

小豆島の北海岸線で伐採された木に着目したインスタレーション。長い年月を生きてきた木を最後に掘り出し、その存在をあらわにする。私たちが普段木を見上げることとは異なるアプローチで木と相対する。 2016年 …

ジョルジュ・ギャラリー(sd27)-ジョルジュ・ルース

小豆島・醤の郷に「小豆島アートプロジェクト」代表・石井純の祖父母がかつて暮らした古民家が残されている。26年間静かに眠っていたこの住空間に、2018年10月、フランスの写真家「ジョルジュ・ルース」を招 …

オーケストラピット/ホワイトミュージアム(sd29)-ローザ・バルバ

小豆島の歴史と地元の醤油産業の発展の軌跡を取り込む作品。島の土地、産業、そして人々。過去と未来を隔てることのない可能性の場所として、これら3つの重要な要素に来訪者の注意をもたらす。苗羽のオリーブ畑には …

明日の海(sd14)-友定睦

鑑賞者に「記憶の風景」について問うことを目的とし、壺井栄のエッセイを基点に、テキスト、音声、映像、オブジェを用いたインスタレーションを構成する。 引用:https://setouchi-artfest …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »