◆沙弥島_Syamijima

そらあみ<島巡り>(sm03)

投稿日:

沙弥島は地元の方の参加協力が盛んなエリアです。

そらあみは2013年から続く作品で、ワークショップでたくさんの方が参加しています。

秋会期は本島でも公開されます。

瀬戸大橋でつながる沙弥島、瀬居島、与島、岩黒島、櫃石島の5つの島で漁網を編むワークショップを開催。島に暮らす漁師や、集った人々で協働する。漁網は波打ち際で空に向かって垂直に設置。天候の移り変わりと潮の満ち引きによって見え方が刻一刻と変化する様子を鑑賞者は網越しに眺める。
漁網を編むことで、人と人、海や島の記憶をつなぎ、網の目を通して土地の風景をとらえ直す。
秋会期では本島に渡り、新たに本島、牛島、広島、手島、小手島、更に西の高見島、佐柳島、志々島、粟島でつくられた漁網を連結し、島から島へ海のつながりを編み広げていく。3年に一度、芸術祭の年に現れる塩飽諸島の海のつながりの象徴となる。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
そらあみ<島巡り>
アーティスト:五十嵐靖晃
作品No.:sm03
住所:沙弥島海水浴場に展示
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:屋外展示作品







-◆沙弥島_Syamijima
-

執筆者:

関連記事

月と塩をめぐる3つの作品(sm06)

沙弥島の上にかかる月と太陽 ソルヴェーグ 記憶の風景 月の舟 柿本人麻呂に捧ぐ 3つのテーマで、旧沙弥中学校の3部屋を使って、作品展開する。 作家の代表作である「月」シリーズに加え、坂出ならではの「柿 …

大岩島2(sm08)

瀬戸内国際芸術祭2016のときは小豆島の土庄エリアで展示されていました。 今回は沙弥島の坂出市万葉会館内に移っています。春会期のみの公開になります。 半径約6メートルの宇宙船を連想させるエア・ドームは …

ヨタの漂う鬼の家(sm02)

この作品が展示されているナカンダ浜や、 旧沙弥中学校の周辺の環境が2016年からかなり変わっていました。 具体的には以前宿泊施設だったところが更地になり、見渡す風景の範囲がとても広がりました。 遠目か …

八人九脚(sm10)

2013年から公開されている作品。 普通にベンチとして座れる作品です。 目の前には瀬戸内海と瀬戸大橋。 作品巡りの休憩場所としてもおすすめです。 Photo by Miyuki Photo by Mi …

香川県立東山魁夷せとうち美術館

坂出市の沙弥島にある「香川県立東山魁夷せとうち美術館」 2005年に開館 香川県では、東山魁夷画伯の祖父が坂出市櫃石島の出身で、本県とゆかりが深いことから、ご遺族より版画作品270点余の寄贈を受け、こ …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

  • 犬島港→フェリー時刻表 犬島港から行ける港 ④犬島港→家浦港(豊島)→宮浦(直島)時刻表 犬島チケットセンター切...
  • 宝伝港→フェリー時刻表 宝伝港から行ける港 宝伝港からは犬島へ行くことができます。その他犬島へは宮浦(直島)→家浦(豊島)から...
  • 迷路のまち~変幻自在の路地空間~(sd04)-目 前回の芸術祭で、元たばこ屋の建物を改装して回遊型インスタレーションを発表したアートユニットの目が新たな作品...
  • 花寿波島の秘密(sd09)-康夏奈 三都半島の沖に浮かぶ無人島、花寿波島。このとても小さな島をモチーフとした陸と海の絵画を描き、十六角形の逆円...
  • 家プロジェクト きんざ(na17-B) 「きんざ」は古い家屋の構造をそのままに、天井や床を取り払い、外壁や庭を含めた空間そのものを内藤礼が作品化した...
  • あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液) あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液)/ピピロッティ・リスト 「島キッチン」と同敷地内に...
  • 大島→フェリー時刻表 大島から行ける港 大島からは高松港(約20分)、男木島(約15分)へ行くことができます。 高松港...
  • 結―ISHIYA かつて石材業を営んでいた邸宅を改装した日本家屋の宿。 Room A (和室): 22,000 円~R...
  • トムナフーリ 2010年の瀬戸内国際芸術祭からの作品。 今回の瀬戸内国際芸術祭2019では土曜日のナイトプログラムの...
  • ARUEI 家浦港から徒歩5分。 豊島横尾館の近くにあります。 豊島で採れた食材を中心に丁寧でしっかりとした...
Translate »