◆男木島_Ogijima

The Space Flower・Dance・Ring(宇宙華・舞・環)(og07)

投稿日:

川島猛がニューヨークで20世紀後半に作っていたキャンパスの下絵に、2016年帰国後加筆した作品群(宇宙シリーズ)。2001年のアタック以来長年主にモノクロームのカレード・スコープを数百点制作してきたが、帰国して毎日見る、瀬戸内海の風景の中で、川島らしいカラーが復活してきた。最初は遠慮深く色が入ったが、次第にカラフルさが増し、現在の作品群になった。もとより、川島猛の作品全体に宿る有機的な形の源は人間である。これらの原画とプリントを男木島の古民家の天井壁床360度に展開し、作品のモーション映像も上映、作品の中に入って鑑賞する。80〜90年代後期の川島作品を目にした子供たちからは音楽が聞こえる!と多く感想が寄せられた。今回の展示作品では、どんな感想が寄せられるのか、楽しみだ。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190509190033d30eb17540802c22b6aeed093f68d8dd&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
The Space Flower・Dance・Ring(宇宙華・舞・環)
アーティスト:川島猛とドリームフレンズ
作品No.:og07
料金:300円
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-16:15







-◆男木島_Ogijima
-

執筆者:

関連記事

タコツボル(og02)

2013年に開催された瀬戸内国際芸術祭以降、男木島にはU・Iターン移住者が増加している。その多くは子育て世代で、子供が増えたことにより2014年に男木小中学校が、2016年には男木保育所が、休校状態を …

アキノリウム(og08)

建物の1階を「影絵の展示会場Sound Theater」とし、自動演奏をするサウンドオブジェの影絵を映し出す。また、2階の「サウンドオブジェ屋敷」では、天井裏と床に数多くのサウンドオブジェを設置、立体 …

うちの海 うちの見(og04)

光と影の海景-光の海で、作家は瀬戸内海に囲まれた男木島の歴史を反映させる。外界から導かれた鑑賞者は、座るように誘われ瞑想する。瀬戸内の典型的な光が浮遊空間に放たれ、タコの巨大な触手が壁を抱くように撫で …

自転-公転(og12)-リン・ティェンミャオ(林天苗)

空家でインスタレーションを展開。古い日用品や道具など機能を失ったものを骨組でつなぎ合わせ、抽象的なフォルムを造形。新たな色を重ね、それらのオブジェをモーターで動かし、ものに動きを与える。そうすることで …

男木島 路地壁画プロジェクト wallalley(og05)

「wallalley」とは「wall(壁)」と「alley(路地)」を組み合わせた造語。島で集めた廃材や廃船などに風景のシルエットをカラフルに描き、民家の外壁に設置した作品だ。もはや島の景観の一部とな …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »