◆小豆島_Shodoshima 坂手港/田浦半島エリア_Sakate-Tanoura

スター・アンガー(sd30)-ヤノベケンジ

投稿日:

坂手港の灯台跡地に巨大な立体作品を設置。光り輝く球体の上に、龍が鎮座し、叫びを上げる。また、球体と龍はミラーボールのように回転し、夜間にはミラーチップが光る。設置以来、坂手港のシンボル・モニュメントとなっている。

※ 日没後から23:30ごろまでライトアップを実施しています

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190403163538ee06ce4eb9b4963697a0d449c42e1dcf&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
スター・アンガー
アーティスト:ヤノベケンジ
作品No.:sd30
料金:無料
休業日:無休
開館時間:屋外展示作品







-◆小豆島_Shodoshima, 坂手港/田浦半島エリア_Sakate-Tanoura
-

執筆者:

関連記事

Cafe Rest サクラヰ

小豆島の二十四の瞳映画村の近くにある飲食店です。 小豆島のご当地グルメの「ひしお丼」が食べられるお店で、珍しい「ローストビーフのひしお丼」が置いてあります。 「ひしお丼」は小豆島商工会と旅行雑誌の「じ …

辿り着く向こう岸ーシャン・ヤンの航海企画展(sd20)-シャン・ヤン

「舟」は東西洋の文化にそれぞれの強い意味がある。仏教では、人間は舟に乗って苦しみの海を渡り、道教では、舟は出世するための乗り物である。西方の宗教にも世界の生き物を救う船の物語が存在する。60年代後半、 …

境界線の庭(sd10)-土井満治

三都半島谷尻地区の海沿いに突如現れる、妙に広く、人工的なこの空き地は、地面と海が構造物に隔たれることなく連続的に繋がれ、眺望に優れた場所になっている。また、立地的にもその成り立ちからも、海と山との間に …

海辺のクォーツ(sd13)-平野薫

人が住んでいない空き家に足を踏み入れる時、人が住んでいる家とは違う何か異色な気配を感じる。それは、古着に残る着用者の気配と似ている。これまで作家は “古着を糸になるまで分解する、そしてその糸を結び直す …

再び ・・・(sd03)-キム・キョンミン

目で見て感じる音をテーマに制作しています。今回は、小豆島の空間に対して芽生えた感情を言葉にし、その言葉を想像の水の中に落とすことで、その空間とつながる水の動きをイメージし「再び…」と言うテーマにした。 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

  • 犬島港→フェリー時刻表 犬島港から行ける港 ④犬島港→家浦港(豊島)→宮浦(直島)時刻表 犬島チケットセンター切...
  • 宝伝港→フェリー時刻表 宝伝港から行ける港 宝伝港からは犬島へ行くことができます。その他犬島へは宮浦(直島)→家浦(豊島)から...
  • 迷路のまち~変幻自在の路地空間~(sd04)-目 前回の芸術祭で、元たばこ屋の建物を改装して回遊型インスタレーションを発表したアートユニットの目が新たな作品...
  • 花寿波島の秘密(sd09)-康夏奈 三都半島の沖に浮かぶ無人島、花寿波島。このとても小さな島をモチーフとした陸と海の絵画を描き、十六角形の逆円...
  • 家プロジェクト きんざ(na17-B) 「きんざ」は古い家屋の構造をそのままに、天井や床を取り払い、外壁や庭を含めた空間そのものを内藤礼が作品化した...
  • あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液) あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液)/ピピロッティ・リスト 「島キッチン」と同敷地内に...
  • 大島→フェリー時刻表 大島から行ける港 大島からは高松港(約20分)、男木島(約15分)へ行くことができます。 高松港...
  • 結―ISHIYA かつて石材業を営んでいた邸宅を改装した日本家屋の宿。 Room A (和室): 22,000 円~R...
  • トムナフーリ 2010年の瀬戸内国際芸術祭からの作品。 今回の瀬戸内国際芸術祭2019では土曜日のナイトプログラムの...
  • ARUEI 家浦港から徒歩5分。 豊島横尾館の近くにあります。 豊島で採れた食材を中心に丁寧でしっかりとした...
Translate »