◆大島_Oshima

物語るテーブルランナー in 大島青松園(os08)-鴻池朋子

投稿日:

入所者、看護師、職員が語る話は全部違う。その豊かな「語り」をランチョンマット大の絵に描き、それを型紙として、手芸に親しむ方々が各々独自の材料や手法で制作をする。
様々な物語は、様々な手と素材を媒介として再話される。物語は観る、のではなく、手触りする。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.201904102048238ac18f1278c9897cfb054dfa8e48ded3&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
物語るテーブルランナー in 大島青松園
アーティスト:鴻池朋子
作品No.:os08
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:10:15-16:00







-◆大島_Oshima
-

執筆者:

関連記事

青空水族館(os01)-田島征三

入所者が暮らしていた寮に作品を展示。《青空水族館》と題し、陸上の上に海底の世界を繰り広げる「空間詩」を見せる。大粒の涙を流し続ける人魚や、難破船と水中の多様な生き物がいる空間など回遊型のインスタレーシ …

海峡の歌(os07)-山川冬樹

大島で生きてきた人たちにとって島を囲む海は隔離の壁だった。瀬戸内国際芸術祭をきっかけに多くの人が大島へ訪れるようになった一方で、大島から最も近い四国本土の町、庵治は未だに近くて遠い場所のままである。「 …

森の小径(os02)-田島征三

大島で暮らす人たちや訪問者が散策を楽しめる「森の小径」を設置。なだらかな凹凸のある庭だ。また、その近くにある寮を改装。森の小径の立体模型や、田島による絵画、木の実で埋め尽くした空間作品などを展示する。 …

稀有の触手-放たれた体温-(os04)-やさしい美術プロジェクト

「唇や舌は麻痺なく目に代る稀有の触手ぞ探りつつ食う」大島の歌人斎木創の歌である。自らの命を絶やさず燃やし続ける生々しい人の姿がそこにある。大島でカメラを構え続けた鳥栖喬は自身の眼を遠くへと射出すために …

大切な貨物(os10)-クリスティアン・バスティアンス

様々なメディアによって「人間の条件」を問い続けてきたオランダ人アーティスト、クリスチャン・バスティアンスが、ヨーロッパ・日本のキャスト・スタッフによって、映像インスタレーションとライブ・パフォーマンス …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »