◆男木島_Ogijima

タコツボル(og02)

投稿日:

2013年に開催された瀬戸内国際芸術祭以降、男木島にはU・Iターン移住者が増加している。その多くは子育て世代で、子供が増えたことにより2014年に男木小中学校が、2016年には男木保育所が、休校状態を経て再開を果たした。
さらに、2017年度には新生児が3名、2018年度には1名産まれ、島には明るい話題が絶えない。
一方で、島内に子供向けの施設が乏しいという現状がある。
子供が中心となって自由に使える居場所・遊び場ができれば、定住した移住者らが始めた男木島図書館や飲食店などの施設と共に、島での暮らしにいっそうの彩と活気をもたらしてくれるのでは無いかと感じる。
子供たちと島の未来を見据えて、アートと融合した子供たちのための居場所・遊び場づくりをしたい。

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190509190334c6c8b6c6196320a7e34128072cc152d2&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1

フェリー乗り場からすぐのところにあります。

【作品データ】
タコツボル
アーティスト:TEAM 男気
作品No.:og02
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:屋外展示作品 ※内部の鑑賞は9:30-16:15







-◆男木島_Ogijima
-

執筆者:

関連記事

The Space Flower・Dance・Ring(宇宙華・舞・環)(og07)

川島猛がニューヨークで20世紀後半に作っていたキャンパスの下絵に、2016年帰国後加筆した作品群(宇宙シリーズ)。2001年のアタック以来長年主にモノクロームのカレード・スコープを数百点制作してきたが …

男木島 路地壁画プロジェクト wallalley(og05)

「wallalley」とは「wall(壁)」と「alley(路地)」を組み合わせた造語。島で集めた廃材や廃船などに風景のシルエットをカラフルに描き、民家の外壁に設置した作品だ。もはや島の景観の一部とな …

Trieb-家(og11)-遠藤利克

人が去り残された家というものは、かつて暮らしていた住人の心的状況を濃密に残留させ、家それ自体が記憶の装置と化して踏み込む者を圧倒する。今回、作品設置空間として与えられた場所は、朽ち果てた一軒の民家であ …

アキノリウム(og08)

建物の1階を「影絵の展示会場Sound Theater」とし、自動演奏をするサウンドオブジェの影絵を映し出す。また、2階の「サウンドオブジェ屋敷」では、天井裏と床に数多くのサウンドオブジェを設置、立体 …

うちの海 うちの見(og04)

光と影の海景-光の海で、作家は瀬戸内海に囲まれた男木島の歴史を反映させる。外界から導かれた鑑賞者は、座るように誘われ瞑想する。瀬戸内の典型的な光が浮遊空間に放たれ、タコの巨大な触手が壁を抱くように撫で …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »