◆小豆島_Shodoshima 土庄港エリア_TonoshoPort 港・フェリー(Ferry)

土庄港→フェリー時刻表

投稿日:

土庄港から行ける港

土庄港からは高松港、唐櫃港(豊島)、家浦港(豊島)、宇野港、新岡山港へ行くことができます。

他の島へのアクセスの良さや、高松港へ遅い時間まで便があるため、土庄港をうまく利用すると効率よく島巡りができます。

→高松港 時刻表

フェリー時刻表

 土庄発→高松着
フェリー06:3607:36
フェリー07:3508:37
フェリー08:3509:35
フェリー09:2510:25
フェリー10:2011:25
フェリー11:2012:25
フェリー12:2013:25
フェリー13:5314:53
フェリー14:4515:50
フェリー15:4516:55
フェリー16:3017:35
フェリー17:3018:35
フェリー18:4019:45
フェリー19:3020:35
フェリー20:1021:15
Photo by Miyuki

高速艇時刻表

Photo by Miyuki
 土庄発→高松着
旅客船07:0007:35
旅客船07:3008:05
旅客船08:2008:55
旅客船09:1009:45
旅客船10:0010:35
旅客船10:4011:15
旅客船11:2011:55
旅客船13:0013:35
旅客船13:4014:15
旅客船14:2014:55
旅客船15:1015:45
旅客船15:5016:25
旅客船16:3017:05
旅客船17:1017:45
旅客船17:5018:25
旅客船
夜間便※
20:50※21:25
高松行き高速艇乗り場 Photo by Miyuki

→ 唐櫃港(豊島)→家浦港(豊島)→ 宇野港 時刻表

Photo by Miyuki
 土庄発→唐櫃発→家浦発→宇野着
旅客船07:2007:4007:5508:20
フェリー08:4009:1009:3010:09
旅客船10:3010:5011:0511:30
フェリー13:0013:4014:00※14:39
旅客船15:5016:1016:2516:50
フェリー17:5018:2018:4019:19
旅客船19:2519:4520:00着

※=毎月第一火曜日は一般旅客の乗船不可

Photo by Miyuki

→新岡山港 時刻表

新岡山港行きの切符売り場 Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
 土庄発→新岡山着
フェリー07:0008:10
フェリー08:0009:10
フェリー08:5010:00
フェリー09:5011:00
フェリー11:0012:10
フェリー12:0013:10
フェリー13:0014:10
フェリー14:3015:40
フェリー15:3016:40
フェリー16:3017:40
フェリー17:3018:40
フェリー18:3019:40
フェリー19:50※21:00※

※は季節増便
4/28~30、5/1~6、11/2、3、4、9、10、16、17、23、24のみのため注意が必要です。







-◆小豆島_Shodoshima, 土庄港エリア_TonoshoPort, 港・フェリー(Ferry)

執筆者:

関連記事

小豆島の木(sd37)-竹腰耕平

小豆島の北海岸線で伐採された木に着目したインスタレーション。長い年月を生きてきた木を最後に掘り出し、その存在をあらわにする。私たちが普段木を見上げることとは異なるアプローチで木と相対する。 2016年 …

辿り着く向こう岸ーシャン・ヤンの航海企画展(sd20)-シャン・ヤン

「舟」は東西洋の文化にそれぞれの強い意味がある。仏教では、人間は舟に乗って苦しみの海を渡り、道教では、舟は出世するための乗り物である。西方の宗教にも世界の生き物を救う船の物語が存在する。60年代後半、 …

国境を越えて・波(sd36)-リン・シュンロン(林舜龍)

2016年秋、冷たい風の中に、196体の世界の子供は、瀬戸内海小豆島北部の大部港の砂浜で溶けてなくなり、海潮と共に世界へ流されていって、自分の故郷に帰っていった。2019年春、爽やかな風の中に、1体の …

フルイーレ(sd07)-ジャコモ・ザガネッリ

中山と肥土山のコミュニティーに強く触発されたイタリアはフィレンツェ出身のジャコモ・ザガネッリは、かつて肥土山の小学生に使用されていたプールを地域のための庭園に変容するべく、地域の人々との接触を図る。変 …

葺田パヴィリオン(sd35)-西沢立衛

福田体育館と隣接する葺田八幡神社境内にあるパヴィリオン。カーブした二枚の鋼板が重なり合って、端部が互いに溶接されることで、お互いにお互いを拘束し合って形が成り立っている。二枚の鋼板の間に生まれた空間が …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »