◆小豆島_Shodoshima 三都半島エリア_Mitohanto

Utopia dungeon(sd12)- 田中圭介

投稿日:

自然を加工すること、あるいは自然を再現することを通して、人間と自然の関係について考察する。
今回、小豆島という海に囲まれた小さな陸地で、そこに生息する樹木やその集合体としての森、地形としての山をモチーフとし、自然から切り取り従えた木材、またはそのような木材を使って作られた家屋や家具を素材に、私にとっての自然との関係を彫刻インスタレーションとして構築する。鑑賞者は、天井まで伸びる山の柱や樹木の肖像彫刻を、回廊や階段を歩くことで視点を移動させながら鑑賞する。山を散策する様に、家屋の中を散策し、自然を見る様にこの彫刻インスタレーションを鑑賞する。
自然を従え加工し、自然に憧れ再現するという業とも言える行為に満ちた空間を徘徊する時、鑑賞者は、理想郷という牢獄を彷徨う人間のサガを身を以てトレースする。

:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190509192308ab9c4aa3ae2df9ba5684f2809e980058&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
Utopia dungeon
アーティスト:田中圭介
作品No.:sd12
料金:無料
休業日:会期中無休
開館時間:9:30-17:00







-◆小豆島_Shodoshima, 三都半島エリア_Mitohanto
-

執筆者:

関連記事

過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる(sd15)-鹿田義彦

小豆島の地勢をモチーフに、過去・現在・未来を捉え直すきっかけを創出する。日本三大渓谷の一つ「寒霞渓」の古葉書の写真と、今の姿の写真を重ね合わせ、「いま、ここ」の認識を揺さぶる。そして、雪が降り積もった …

海辺のクォーツ(sd13)-平野薫

人が住んでいない空き家に足を踏み入れる時、人が住んでいる家とは違う何か異色な気配を感じる。それは、古着に残る着用者の気配と似ている。これまで作家は “古着を糸になるまで分解する、そしてその糸を結び直す …

草壁港→フェリー時刻表

Contents1 草壁港から行ける港2 →高松港 草壁港から行ける港 草壁港からは高松港まで行くことができます。 →高松港 旅客線ブルーライン、撮影は高松港 Photo by Miyuki &nbs …

エレメント(sd17)-志水児王

生産や役割を終え、全てが静止している様に見える工場。作家はこの場に固有の運動パターンを持ち込み、通常では知覚する事のできない現象を抽出することによって、静止していた空間を新たな循環モデルとして再起動す …

小豆島の恋(sd08)-ワン・ウェンチー(王文志)

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190509192754d6ff9051 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »