◆男木島_Ogijima

男木島 路地壁画プロジェクト wallalley(og05)

投稿日:2019-05-27 更新日:

「wallalley」とは「wall(壁)」と「alley(路地)」を組み合わせた造語。島で集めた廃材や廃船などに風景のシルエットをカラフルに描き、民家の外壁に設置した作品だ。もはや島の景観の一部となっていて、あちこちで眺められる。

Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
Photo by Miyuki
【作品データ】
男木島 路地壁画プロジェクト wallalley
アーティスト:眞壁陸二
作品No.:og05
料金:無料
休業日:無休
開館時間:屋外展示作品







-◆男木島_Ogijima
-

執筆者:

関連記事

自転-公転(og12)-リン・ティェンミャオ(林天苗)

空家でインスタレーションを展開。古い日用品や道具など機能を失ったものを骨組でつなぎ合わせ、抽象的なフォルムを造形。新たな色を重ね、それらのオブジェをモーターで動かし、ものに動きを与える。そうすることで …

漆の家(og14)

地元の漆芸家たちが参加し、木造家屋を香川の伝統的な漆芸技法で改装。黒、白、赤、青など色彩豊かな香川漆芸の特徴に触れ、その奥深さが体感できる。玄関正面の5技法パネルも見逃せない。 引用:https:// …

生成するウォールドローイング -日本家屋のために(og03)

かつては商店だった築90年の建物、その内壁を埋めつくす壁画を発表。男木島に育つ植物をモチーフに、2種類の制作手法を駆使する。廃屋内にまるでツタが這うように、成長するドローイング。村山自身による現地制作 …

アキノリウム(og08)

建物の1階を「影絵の展示会場Sound Theater」とし、自動演奏をするサウンドオブジェの影絵を映し出す。また、2階の「サウンドオブジェ屋敷」では、天井裏と床に数多くのサウンドオブジェを設置、立体 …

記憶のボトル(og13)

島の人たちの思い出をボトルに封入し、小さなあかりをともす作品。 今は男木島で人気ナンバーワンとも言われる作品です。 島民の皆さんから思い出の写真や物を提供してもらい、それをボトルに詰め込んでいます。 …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »