◆女木島_Megijima

「島の中の小さなお店」プロジェクト 世界はどうしてこんなに美しいんだ(mg10)-山下麻衣+小林直人

投稿日:

「世界はどうしてこんなに美しいんだ」という文字が車輪に浮かび上がる自転車で、瀬戸内を走るプロジェクト

誰にでも、困難な時に限って、当たり前のように降り注ぐ陽の光や、緑の木々、夕焼けや星空といった自然現象の美しさに魅入ってしまう、という経験はないでしょうか。
「世界はどうしてこんなに美しいんだ」という言葉は、「なぜ、誰のために世界はこんなに美しく出来ているのだろう?」という、普段の光景に感じた山下+小林の素朴な疑問を出発点としつつ、アウシュビッツ強制収容所の記録である「夜と霧」(*1)から引用した一節で、明日をも知れぬ囚人が、夕焼けを見た瞬間に思わず口走った言葉です。
アウシュビッツと瀬戸内は極端にかけ離れているような状況に思えますが、その空を照らす美しい夕陽は同じです。本作は見る人々に、そんな想像の跳躍も促します。
どのような状況でも大切なことは、当たり前と思っている世界の美しさに気づく私たち自身の心ではないでしょうか。
(*1) ヴィクトール・フランクル著

引用:https://setouchi-artfest.jp/seto_system/fileclass/img.php?fid=artworks_mst.20190524134654cdc5bdac9b7d4ff8a6ca462676a5d82d&d=0&w=970&h=662&b=ffffff&t=0&s=1
【作品データ】
「島の中の小さなお店」プロジェクト 世界はどうしてこんなに美しいんだ
アーティスト:山下麻衣+小林直人
作品No.:mg10
料金:600円(mg07-mg12の6作品をあわせた料金)
休業日:会期中無休
開館時間:9:00-16:30







-◆女木島_Megijima
-

執筆者:

関連記事

段々の風(mg17)-杉浦康益

約400個の陶のブロックを設置。町並みと海が見渡せる光景と作品の一体化を図り、大パノラマを見せる。 その場所は、かつて段々畑だったところ。傾斜地を開墾したが、やがて過疎のために雑木と草に覆われてしまっ …

海宿 鬼旬

Contents1 海宿 鬼旬1.1 ランチ、BBQ1.2 7月後半~8月は海の家1.3 宿泊(Stay) 海宿 鬼旬 女木島のビーチの一番手前にある宿&食事ができるところです。 女木島は夏場は海水浴 …

カモメの駐車場(mg01)-木村崇人

フェリーが女木港に近づくと、防波堤にずらりと並んだ約300羽のカモメが見えてくる。本物のカモメと同様、このオブジェも風が吹くといっせいに方向を変える。つまり風の流れとカモメの群れの習性を視覚化した作品 …

「島の中の小さなお店」プロジェクト 的屋(mg12)-長谷川仁

女木島ならではの的屋を作ります。この地で取れるもの(地物)にこだわってそれらに手を加えて商品にしていきます。海岸で拾ったものに手を加えヨーヨー釣りの景品を作り、女木島の猫をモデルにお面を作り、瀬戸内の …

BONSAI deepening roots(mg04)-平尾成志×瀬ト内工芸ズ。

3年前、瀬戸内国際芸術祭2016で女木島にて発表した「feel feel BONSAI」。盆栽の過去・現在・未来を「感じる」ということをテーマに、展示・空間・映像・イベント・パフォーマンスなど、さまざ …




瀬戸内国際芸術祭2019

人気記事

Translate »